Accueil | avril 2004 »

mars 2004 posts

エイプリル・フール

イワンの馬鹿が、この日に生み出されたかどうかは、定かじゃ無いが、
明日は、エイプリル・フールの日。

どんなウソが飛び交い、惑わされ踊らされるか、
興味津々o(^-^)o ワクワクドキドキの前夜祭。
楽しいウソは、いっぱいつきましょう!
悪質・陰険なウソは、御法度やけどさっ。

そんな明日から、伊豆市がいよいよ活動開始。
浜岡町+御前崎町=御前崎市も、明日から。
平成の大合併は、この春が旬の様で・・・
賞味期限まで、あと1年だし。(笑)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

砂時計

砂時計って、有るでしょ。

真ん中が括れたガラス管の中に、砂を入れたもの。
砂が溜まった側を上側にすると、くびれの部分を砂がちょろちょろ落ちてきて、
1分とか3分経つと、全部の砂が落ちきるって、やつ。
そんな砂時計が、何故か目の前に有って、
こうして、キーボードを打ちながら、
砂が落ち切ってはひっくり替えし、又、
落ち切ってはひっくり替えしの、繰り返し。

日頃、時計とは縁の無いづづだけど、
こういう、非実用的な、時の経つのを計る道具としてでは無く、
時と戯れる為の玩具として、側に置いている。

ゆっくりと砂の落ちていくその情景は、日々のドタバタを一掃させる、
のほほん…の、ひととき♪

音の無い時間って言うのも、偶には良いかな?
お気に入りのBGMを流しながらってのも、乙だけど、
音のない一時も又、静寂なひととき。

今宵、みなさんは、どんなひととき?

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

伊豆市と伊豆の国市

4月1日より、ここ伊豆の地に、
「伊豆市」ってのと「伊豆の国市」ってのが、誕生します。

なんか、とても間際らしい名前だけど、
地元議会での、公募に基づく協議の末、決まった名前。
「伊豆市」はまだしも、「伊豆の国市」とは、如何に?
次選の「伊豆北条市」の方が、づづ☆彡的には似合うと思うんだが、
(この地区の住人も又、同じ事を呟いているが・・・)
決まった事は、決まったこと。
全国初の、「国」が付く市名と成るようで。
(其れを狙った節も有り?)

伊豆市・・・・・・修善寺町+天城湯ヶ島町+中伊豆町+土肥町
伊豆の国市・・・伊豆長岡町+韮山町+大仁町

| | Commentaires (1) | TrackBack (1)

ハルウララ

先日の高知競馬の結果。
遂に・・・と言うか、よう走った! と言うか。
ハルウララは106連敗。

でもでも、最終コーナーを、
最後の最後まで、諦めずに走る抜けるその姿は、
昨今の、直ぐに諦めてしまうニンゲン達に、
何某かの思いを与えるもの。

例え、不名誉?な記録を更新しようとも、
ハルウララが走るその姿は、幾重にも、
ニンゲンの行いと相通じるところが有って、
明日は我が身、己を知る・・・
って程では無くても、
希望や夢を与えてくれる、貴重な存在なんだと、ふと考えた次第。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

千の風になって

詠み人知らずの僅か12行の英語詩に、新井満氏が訳詞したもの。
先日、みずきさまの処の日記に、掲載されていました。


私のお墓の前で泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風になって 千の風になって
あの大きな空を吹きわたっています
秋には光になって畑にふりそそぐ
冬はダイヤのようにきらめく雪になる
朝は鳥になってあなたを目覚めさせる
夜は星になってあなたを見守る


づづも、以前に何処かで、別訳で詠んだ記憶が有ります。

日記にも書かれていたように、この詩は、今は亡き死者の視点がら、
今を生きる大切な人に、詠われたもの。

今は亡き人は、墓の中に眠っているのでは無く、
いつ、何処でも、その人と触れ合える処に居るってことを、
拙に綴った歌。

誰か、この詩の原文、知りませんか?

| | Commentaires (6) | TrackBack (0)

MIDIも・・・

ファイルのダウンロード

Up Loadしてみました。Opus63 クリスマス用です。(笑)
「ファイルのダウンロード」をクリックすると、奏で始めますよっ!

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

愛しのクマ♪

1.jpg

クマの、テディーです♪

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ブラザーズ・ベア


づづ☆彡は、実は、テディーベアが好きなのだが、

そうだから・・・・ってワケじゃ無いけれど、

映画「ブラザーズ・ベア」を観てきた。

クマに対して、いろいろと偏見を抱いている衆も居るだろうが、

基本的に、こちらから攻撃を仕掛けなければ、逆襲されることは無い。

変に、脅したり、威嚇したり(同じ意味やん)、恐怖に戦いたりするから、

クマも動揺して、ついつい、襲い掛かるワケで。


テディーベアなるクマの人形。(と言うか、自分の分身だと思う)

一体一体それぞれが、それぞれの顔を持ち、温もりを与え、

ニンゲンが変に抱く「恐怖のクマ」とは裏返しの、安堵感を覚えさせてくれる。

そういう暖かいクマ達が、伊豆高原や箱根や那須高原、神戸に、

今か今かと、皆さんをお待ちかねぇ~♪

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

新撰組


近藤勇........局長
芹沢鴨........初代局長
土方歳三.......副長
山南敬助.......副長
沖田総司.......一番組長
永倉新八.......二番組長
斉藤一........三番組長
原田左之助......十番組長
井上源三郎......六番組長
島田魅........二番組伍長
伊東甲子太郎.....二番組長・参謀

以上が、名の知れた面々。

ダンダラ羽織込められた「誠」が物語るのは、なに?

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

本日は休業?多々有り・・・

鼻炎のクスリを出して貰おうと、今日の夕方、
行き付けのビョーインへ行った。
ビョーインの玄関には、「本日の診察はしゅうりょうしました」との、
看板が1枚、掛かっていた。
そっか・・・今日は午前中だけの診察日・・・

トコトコと帰る途中、指定薬局の前を通った。
見事に、そのシャッターは降ろされていた。

そう言えば、オチャケがそろそろ無くなる頃だと思い出し、
行き付けの酒屋さんの前を通った。
酒屋さんのシャッターも又、降ろされていた。
今日は、水曜日。酒屋さん定休日の日。

重なる時には、重なるもんだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (2)

夜桜!

今夜、仕事からの帰り道、
近所の桜並木の辺りを、近くのコンビニ袋を手下げた若い衆、十数人程が、
ぶらぶらぶらぶら、歩いていた。
そう・・・どうやら、
夜桜見物だぁぁぁ~と、しゃれ込んでいた模様。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

陸連の選考基準

女子マラソンの選考会も無事終わり、予想に反して高橋選手が圏外。

・・・って、この予想ってのは、今までの実績から想定したもので、
今回の選考基準~選考会での成績結果から・・・を当てはめてみれば、
確かに、その「選考結果」は妥当だったと、づづも思う。

過去の栄光・実績。
確かに、国民栄誉賞を受賞しているし、日本記録保持者でも有る。
けれど、選考会を兼ねた大会で、その力を出し得なかった事自体、
それも、実力の内。

勝負の世界なんだから、そういう面ではシビア。
確かに、スポーツでは有るけれど、
出場出来るか出来ないかは、実力と運とを伴った、勝負。
負けは、負け、でしょ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

マシュマロちっくな朝

つーことで、今日はホワイトデー。

ホワイトデーの由来は、バレンタインの対だけど、

そのお返しとしては、マシュマロが元祖。

昨今は、"おねだり"品をいろいろと探し求め(ホント、そう思う)

それを"献上"する風潮が有るけれど、本来はマシュマロが贈り物。

まっ…何れにせよ、気持ちが一番だと、思うのだが・・・

| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

デザイン一新♪ 春モード?

クレチマのデザインを一新しましたよっ♪

観て判るとおり、春モードそのもの~☆彡

左下に居座っている仔ライオンは、王様の家臣。

逆らったら、コワイでぇ~

がぁを~成らぬ、ぎゃん・・・と、吼えちゃう?(謎爆)


ここ伊豆の地、三島桜は開花の前準備真っ最中。

蕾咲いたら、花見かな?

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

クレチマもこちらに・・・

クレチマも、パソ通時代のPatioからニフのコミュを経て、
遂に・・・と言うか、いよいよ・・・と言うか、
ココログに進出と成ったワケで。

いつかはきっと、Webの時代が訪れると、
何年も前から予感し、予言し、
それでも、うだうだと、あーでもない、こーでも無いと、
反抗を続け、抵抗勢力の一端を担い、
昨日今日まで、古き良き時代を継承してきた"つもり"では有ったが・・・

文字だけの、言葉だけの場所を作りたくて、
守りたくて、今日もこうして、ひとり呟くヤツがいる。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

Accueil | avril 2004 »