« ホーンテッドマンション | Accueil | こっくりさん »

素顔のままで

sea001

今日も又、気持ちの良い太陽が顔を出して、
朝からポカポカ、既に初夏の匂いさえする日差し。

どんよりの曇り空より、バシャバシャ雨の方が、心は洗われる。
シトシト雨はちょっと悲しすぎるから、
降るんだったら、バシャバシャな雨。
いろんな思いは、水滴と共に窓枠を流れ落ちて・・・でしょ?

完璧な自分を、いつもいつも演じようとしても、
途中で頓挫してしまう事が、多々。
ホントの自分を何処かしら偽って、自分の虚像を皆に知らしめても、
そんな虚像はあくまでも虚像で有って、真の自分はひとつでしかない。
ホントの自分をさらけ出せないで、偽りの自分をいつも演じていて、
一体、何になる?

悲しいとき、苦しいとき、嬉しいとき、苦悩のとき
どんな時でも、自分を押し殺すんじゃ無くて、
その時の自分、そのものを出さなきゃ、
いつしか、素顔の自分は、闇の奥へ。

爪先で爪先だっていられるのは、ほんのひとときだし、
ドタバタドタバタ、全力疾走していても、
やがては息切れをして、一息タイム、したくなる。

いつまでも、ずっと、走る続けることは無いんだ…って、
そう、自分に言い聞かせても、
何だかんだ、走り込んでしまう人って、
確かに、居る。

走り込んで、燃え尽きちゃったら、自分の負け。
自分が燃え尽きないように、時にはちょっと、
自分にご褒美あげて、自分自身を労らわないと・・・

なんで?と、自分を責め立てないで、
責めることに依って、屁理屈に陥らないで、
素直な自分、素直な心だけでも、
自分の奥底に、しっかりと持とう。

やり切れない、理不尽な事に、
自分のこころ、ぐるぐるぐるぐる回しても、
こころだけが目眩をして、自分を失うだけ。
ジェットコースターやコーヒーカップに乗った時、思わず目を閉じる様に、
そういう理不尽に、都度、目くじら立てないで、
じっと目を伏せて、はいっ…お仕舞いっ♪

心の迷いは、気持ちの迷いだし、
まして、躰とて迷いに陥るから、
どんな時でも、心だけは素顔のままで。

|

« ホーンテッドマンション | Accueil | こっくりさん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22019/521754

Voici les sites qui parlent de 素顔のままで:

« ホーンテッドマンション | Accueil | こっくりさん »