« juin 2005 | Accueil | août 2005 »

juillet 2005 posts

狩野川花火大会

7/30に催された、狩野川花火大会での夜景

今年も又、打ち上げられる花火の数が減ったかな…
年々、そんな気がするのは、づづだけじゃないかも。
そんなぼやき、当夜も周囲から耳にしたし。(^_^;)

それでも、中盤以降は一応?
花火大会らしい、花火の乱舞となったから、満足です。

DSC00097

三つどもえの花火

ちょと、ブレてます。
でも、其れが又、
雰囲気出てるっぽ。


DSC00099

2カ所有る打ち上げ場の、
遠方から打ち上がった、花火

手前の木の陰が、いいかも〜



DSC00100

ちょと、過露出ぎみ。

デジカメならではの映像かも?





DSC00106

爆裂してから、ひゅ〜んと広がるやつ。

デジカメ撮りすると、こういう光跡?




DSC00107

やたら、爆音が大きくて、
でも、光跡がキレイな花火。

傍で打ち上げられたスターマイン。




DSC00110

手前下に見えるのは、屋台の店。

華麗に、花、開きました〜♪




DSC00112

スターマインの最後による有る、
花火の乱発。
その前哨戦?です。
この後に撮った画像は、
過露出だった。


とまあ、画像撮り出来たのは、
殆どがスターマイン…(^_^;)

動画も、有ります。
QuickTime Ver.6にて閲覧出来ます。

Clieで録画していたんですが、途中で電池切れ。(^_^;)
ClieのMovie Playで観るとキレイなんですけどね、
PCでは、QuickTimeでしか、観ることが出来ません。
なお、QuickTimeでは、
Ver.6 以上もので、観る事が出来ます。

「Mov00002.mov」をダウンロード

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

土用の丑の日

土用の丑の日(どようのうしのひ)は、土用の間で日の十二支である日のこと。

夏の土用の丑の日は、暑い時期を乗り切る栄養をつける為に、を食べる習慣がある。
土用入りの日が申から丑の間の場合は、丑の日が2回あることになる。
この2回目の丑の日を二の丑という。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

と言うことで、今日は土用の丑の日。
ウナギ、食べましょ♪

こういうの、とか…(^_^)

TENb

| | Commentaires (2) | TrackBack (1)

ナマズの寝返り?

今夕に有った、千葉県を震源とする地震。

丁度その時、づづは会社の3Fフロアにいたんですね。
自席に座って、せっせとお仕事。(^_^;)

そしたら、突然、グラウラグラ…でしょ。
最初、下から突き上げるような感じが有ったんで、
コレはもしや、噂の東海沖地震? 相模湾沖地震か?
って思いが、頭の隅を過ぎって…。
でも、直ぐに横揺れに変わったから、ホッと安堵です。
命拾いしたって思いで。(マジ)

ホンモノの東海沖地震に襲われた暁には、
この地は震度7の激震。命さえ、有るかどうかあやぶいもの。
今回の地震で、震度5強の揺れに遭遇した土地の方々、
大丈夫ですか?
NTTが提供てしている、災害伝言ダイヤル、171番、
詳細はこちらです。備え有れば憂い無し…ですよっ!
災害用伝言ダイヤル

| | Commentaires (2) | TrackBack (1)

花火

この時期の夏の風物詩、花火大会〜♪

今週末から、全国津々浦々で開催されますよね。
ここ伊豆の地でも、7/30,7/31に、狩野川花火大会。(4☆)
市内を流れる狩野川河川敷の2カ所から、打ち上げ。
ラストを飾る、520m長のナイアガラの滝が、圧巻です。(^○^)

づづの大好きな、伊東の按針祭海の花火大会は、
8/10の開催。(5☆)
按針祭の場合は、伊東港の6カ所から同時打ち上げ。
打ち上げ数といい華麗さといい、もう圧巻です!

TV放映する隅田川花火大会も良いけれど、
ローカルな花火大会へ、浴衣着て、内輪持って、
トコトコ、出掛けてみませんか?

全国、花火大会開催情報は、こちら
日本の花火2005

hanabi

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

アルマゲドン

CS-005

今月のCSN1ムービーチャネルで、
アルマゲドン、放映しているんですね。
1998年の映画。
で、昨夜・今日と、2回も観ちゃった♪
ってか、やっぱ、ラスト、
お涙ちょーだいモノでしょ?

エアロスミスの曲 I Don't Want To Miss A Thing も、
良いし〜

ハリーを演じる、Bruce Willis 、好きだ〜
遣ってやるぜぇ!って気迫、
ビシビシ伝わって来るでしょ?


| | Commentaires (0) | TrackBack (1)

水掛け論

言った言わないの、水掛け論。

お互いの記憶だけを頼りに、あーだこーだ。

最もココロ疲れる、ひとこま。

相手は、お客さんだし…(/_;)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

Place

hourglass3

心地よい場所は、自分で探して、

自分で築き上げて、

自分が堪能する。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

STAR WARS~シスの復讐

mo3521

タイトルだけを見ると、ちょとコワイ感じがするんですけどね、
予告編の通り、シスの復讐では、
ダース・ベイダーを始め、アナキン、議長ら、
シリーズの中心となる人達の、過去を映し出したもの。
こう書けば、ファンのみならず、観たくなるでしょう?

第1作での、生い立ちの謎も、
本編を観れば、解消されると思います。
そういう意味で、必見かも?

知っている人なら、どうやってダース・ベイダーが誕生したのか、
其処に注目しても、楽しいし。(^_^)

づづは1回目、吹き替え版で観ました。
どんな映像なのか、しっかりと観たかったし。
2回目は、字幕版の予定です。(笑

| | Commentaires (3) | TrackBack (1)

七夕な夜

今宵は、七夕。

織り姫と彦星の再会の日…なのに、
天は、今にも涙しそうな雲行き。

誰なんでしょうね?
ふたりの恋心に妬いて、空一面を雲で覆ってしまったのは…(笑

みなさんは、短冊に何と願いを書きましたか?

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

Sea Wind

clipart-white-umi-moji2日々の自分を忘れる事が出来る処。
今の自分を解放出来る処。
誰にも束縛されない処。
自分の時間に浸れる処。
何も考えずぼ~っと出来る処。


お気に入りの音楽が奏でられている時。
お気に入りの映像を観ている時。
心に響く言葉を読んだ時。
温もりや優しさを感じた時。
希望の光がかいま見えた時。
そして、愛しい声を聞いた時。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

木漏れ日

太陽が照るこの季節。

木漏れ日が、何処か心地よくて、
木陰に潜み、木漏れ日を受け止める。

此処にも、ゆったりと流れる時が有って、
微睡む昼下がりの午後が有る。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

宇宙戦争

mo3309

スティーブン・スピルバーグ&トム・クルーズが、
H・G・ウェルズの名作小説を映画化したSFスペクタクル。
地球侵略を狙う異星人から、最愛の人を守ろうとする、
人類の闘いを描いた作品です。

で、これには前作が有るんですね。
1953年公開の、バイロン・ハスキン監督に依るもの。
これとて、
H・G・ウェルズの小説を映画化したものだけど、
こちらは地中から突如では無く、突如飛来した隕石…ってのが、発端。

50年の年月を隔てて、再度映画化された「宇宙戦争」。
スピルバーグ的な、例え侵略者が襲って来ようと、
何処かしら、夢や希望が垣間見れる映像で、
づづ的には良かったですよっ♪
こと、フェリーに群衆が群がるシーンでの、
そのフェリーの電飾。
懐かしき、テネシー河を渡る船、そのものって感じで。

ここんとこ、レイトショーで観ることが多いんですが、
この作品も又、女性が多かった。(^_^)
トム・クルーズ目当て、かな?

mo3492


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

風になりたい

風になりたい…
そんな季節の訪れです。

 大きな帆を立てて あなたの手を引いて
 荒れ狂う波にもまれ 今すぐ風になりたい

 天国じゃなくても 楽園じゃなくても
 あなたに会えた幸せ 感じて風になりたい

   THE BOOM 風になりたい 作詞作曲 宮沢和史

空梅雨と言われ、雨もなく、風もなく、
ただただ、太陽だけが照り付ける日々。
風になって、風を感じて、
照り付ける太陽を、受け止めたいものです。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« juin 2005 | Accueil | août 2005 »