« 1000匹の猫 | Accueil | 中秋の名月 »

小泉党

今回の、郵政民営化解散選挙に依る選挙結果は、
巷での予測通り、小泉党ならぬ自民党の圧勝。

投票をする前から、結果は薄々見えていたってのが、
大方の感想で。

まず、衆参議院での法案投票に於ける、造反者への処置。
党公認とはせず、しかも、徹底的に対抗候補者を立てて、
しかも、立てた候補者のかなりは、当選って結果。
ここ、静岡7区の注目選挙区でも、
党県支部が推す前任者を押し退け、党公認の新人が当選です。

これが意味するところは、今までの某政党とは異なり、
造反者が居たらそれを有耶無耶にせず、白黒はっきり付ける。
その行動そのものに、庶民の理解が得られたってこと。
党の古株の言葉も顧みず、実行に移した事は評価されるべきです。

次に言えるのは、他党が「郵政民営化」の良し悪しを捲し立て、
あーでも無い、こーでも無い、コレも遣らなきゃ、アレも遣らなきゃ
ってんで、てんで的を得ていない選挙戦をしたってこと。

衆議院解散の時点で、小泉首相がはっきりと言ったハズ。
郵政民営化の是非を、国民に問うための選挙だと。
郵政民営化は、政治改革の第一歩だと。

消費税問題、厚生年金の問題、社会保険の問題、
慢性的な財政赤字、各国との外交問題。
いろいろ問題が山積みされている今だからこそ、
掲げた選挙公約を、例えひとつでも確実に成し遂げる。
そういう実行力を、求めているんですよ。我々は。

公約として掲げた事を、何も成し遂げないで、
言い訳だけしている政治家、政治団体は、
以後、見向きもされなくなるって事。

今回の選挙結果が、それを如実に物語っている感じがして。

|

« 1000匹の猫 | Accueil | 中秋の名月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Commentaires

ほーんと、そう思います。問題が山積みの今の日本。
年金やら福祉の向上の為の財源をどう絞り出すなんてコメントなしに反対ばかりの政治家にうんざり。
国民全体が期待した結果でしょうね?

Rédigé par: む~ん | le 13/09/2005 à 22:37

む〜んさん♪

山積みの問題は、ひとつひとつ、着実に片づけなきゃ、
改善はされないですよね。
ウサギとカメの如く、一気に解決に向けて走ったって、
そうそう、解決には成らないもの。

造反者の対抗候補として出馬した、新人達。
小泉チュルドレンって、呼ぶそうです。
小泉首相直々に、人選した人達だから。

自民党には派閥ってものが温存されているけど、
森派=小泉派、なんでしょうね。
今回当選した新人達も、首相が何と言おうと、
いずれかは小泉派かも。

Rédigé par: づづ☆彡 | le 14/09/2005 à 23:22

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22019/5915284

Voici les sites qui parlent de 小泉党:

« 1000匹の猫 | Accueil | 中秋の名月 »