« octobre 2005 | Accueil | décembre 2005 »

novembre 2005 posts

有る音楽家が…

ベルギーで開催するリサイタルの為に、
今日、旅立ちました。
いってらしゃーい♪ と、見送りの言葉を送って、
いってきまーす と、答えて。(^^ゞ
素晴らしいリサイタルに成ることを、祈るばかりです。

音楽の秋も、もうすぐ終わって、
今度は、冬の夜空。
すっきり透き通った夜空を見上げて、
さて、何を探しましょうかねぇ?(^^ゞ

小惑星イトカワと、探査機のはやぶさ、
肉眼では厳しいけれど、きっと、
この夜空の中を、イトカワと併走(つーか、ランデブー)
している探査機はやぶさが、周回しているですね。
2007年の、サンプルリターン瞬間が、楽しみです♪

そんな夜の静寂に聴く音楽。
「展覧会の絵」も、確かに乙。
いろんなバージョンの展覧会の絵が有りますが、
さて、あなたはどれがお気に入り?
づづ自身は、ELPのキース・エマーソン版です。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

落ち葉を掃く人

銀杏並木が、落ち葉舞う並木となって、
黄金色の葉が歩道に積もります。

画像・左下で、せっせと落ち葉拾いをしているおじちゃんは、
日大三島の守衛さん。

いつもいつも、お疲れさま、です。(^^ゞ

Ochiba

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

耐震強度不足の建物

ここんとこ、報道を賑わしている、
耐震強度の不足した建物を設計施工した
業者&建築士のこと。

建築基準法が1998年に改正されて、
震度7の大地震にも耐えうる基準を示したにも関わらず、
その基準に従わず、コスト低減・工期短縮の名目の元、
やってはいけない、構造計算書の偽造、施行の手抜き、
そういう建物が、全国あちゃこちゃで、
ここんとこクローズアップされています。

御上(役所)にバレなきゃ、何をやっても良いって考えの基、
短い工期をウリにしたり、極端な安価で施工したり、
それら建物を買って、実際に利用する消費者の事は、
完全に、蔑ろにして。(~_~;)

技術屋の端くれとして、今回のこの騒ぎ。
許せない思いで、いっぱいですよ。
安全性・耐久性に関しては、
法に定める以上の実力を持たせるのが、定石。
安全係数が100%を下回る設計なんぞ、もってのほか!
そんな、怒りにも似た思いに、駆り立てられています。

千葉の一級建築士は、その免許を剥奪されますが、
他の業者・建築士も又、
免許取消&行政処分を受ける事でしょう…

が、事はそれだけじゃ、収まりませんよね。
実際に、その建物で生活している人、
その建物で営業している人達にとっては、
その怒りを、何処に向ければ良いのか、判らないハズ。
福岡の一件では、設計事務所が既に倒産しているし、
関東の建築業者に至っては、
今回の騒ぎで、倒産寸前の状況。(-_-メ)

建築審査はやはり、民間に委託せず、
公の立場として、行政が行うべきだったのでは?
今となっては、これも悔われるところです。
法改正して、以前のように、
行政が建築審査をすべきですよっ!

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

落ち葉・舞い散る

落ち葉が舞い散る、丘の麓の銀杏並木です。

ここんとこの寒さで、すっかり色付いて、こんな色。

Ichou1

別の角度から見た銀杏並木は、こんな感じ。

Ichou2

ざくざくざくざく、踏みしめて歩く歩道。
朝方、市の委託のおじちゃんが、
せっせと落ち葉を掻き集めて、掃除していました。

滑りやすいのが、落ち葉。
すってんころりん、しちゃいますからね。(^^ゞ

滑りやすいと言えば、凍った地面。
先日、初霜が降りたけれど、
初氷も、もうじきってこと?(謎

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

エリザベスタウン

あの頃ペニー・レインとキャメロン・クロウ監督が、
オーランド・ブルームを主演に迎えた作品です。
製作には、トム・クルーズも加担していますがね。

全体的に、米国のカントリー色が漂っていて、
そういうの好きっ♪て言う人と、そうでない人、
其処でまず、評価が分かれる事でしょう。
づづ自身は、この手のカントリー色っぽいの、
好きなんです。米国の香りが漂ってきて。(^_^)

それと、劇中に流れる数多くの音楽。
前作、ペニー・レインより更に、
音楽性が濃くなっています。
そっそ、序盤で、
クレアがこんな様な事、言ってます。

「誰でも一度は旅にでるものよ
            音楽を連れて」


この言葉を実践するのが、映画の後半。
音楽を連れて、音楽と一緒に、
クレアがくれた地図とCDに従って、
(これはイコール、キャメロン・クロー監督からのメッセ?)
観る人それぞれが、それぞれに、
一時期の旅に出るんですね。劇中で。

mo3685

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

はっちゃん日記

捨て猫だったはっちゃんを、某カメラマンが呼び寄せ?
はっちゃんの日々の行いを撮影した、写真集や写真展。

そして、それらをblogとして、
その時々のはっちゃんを、発信しています。

はっちゃん日記を見ていて、思わず苦笑い。
だってだってコイツ、ちょと生意気っぽ!?

そんなはっちゃん愛らしい?姿を見たい人はこちら…

はっちゃん日記

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

アルベール ビショー

昨日、新大阪駅構内で仕入れてきた、
今年のボジョレヌーボー

アルベール ビショー
の試飲報告です。(^_^)

まず、コルクを抜いたときの、コルクの香りが朗らか。
まろやかそうな香りが、漂ってきました。
そして、最初の一口。(^^ゞ
最初に感じた香り同様に、
コクの有るまろやかさ
って言うのかな、
ちょっとした苦みを伴った、口当たりです。(*^_^*)

共に口にしているのは、無難なプロセス・チーズ。
このチーズを食べながら、一口ひとくち、
舌打ちしつつ、飲んでいます。(笑

以上、アルベール ビショー試飲のご報告~♪

皆さんが飲んだボジョレヌーボーは、どうだったんでしょう?

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

ボジョレヌーボーGet!

大阪までお出掛けした、今日。
行き付けの酒屋さんで、
ボジョレヌーボーの予約はしなかったものの、
づづ用に残して置いて貰えるハズだから、
ドタバタせず、のほほーんとしているんですけど、
出先の新大阪で、こんなんボジョレヌーボー、
見事にGetしてきました~♪
「アルベール ビショー」

Bojowine

フランスの三ツ星レストランで、
絶対的な信頼を受けているって品。
これから、このアルベール ビショー
じっくりと堪能しま~す♪

そっそ、帰りの車中で飲んだ物は、これら…(^^ゞ

Beerpon

ちょと、飲み過ぎ?(^_^;)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

N700系・試験車両

JR東海&JR西日本が開発中の、次世代新幹線、
N700系試験車両に、遭遇しちゃいました。

朝、大阪までお出掛けの為、ホームにやって来たら、
見掛けない車両が鎮座?していたんですね。
で、やけに汚れているなーと思いつつ、横を見たら…

N700side

この通り、N700なるネーミングが。
これって、もしや、次世代のN700系?
と思いつつ、(((‥ )( ‥)))車両を見回して、
(゚ー゚)(。_。) そうなんだーと、ひとりで納得したりして。

やがて、この試験車両、
何処へ向かうとは知れず、ホームを離れたんですけど、
最後尾の顔の姿も、しっかりとパチリッ♪
こんな顔、してました。
N700head

現状の700系より、更に鼻っつらが長くなった感じ。
醜いアヒルの子(700系の別称)の次は、
何と呼ばれるのやら…

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ボジョレヌーボー

いよいよ、今年のボジョレヌーボー

カウントダウンです。

世の中では、世界で一番早くこの日を迎える地にて、
コルクを抜く人達もいますが、
(わざわざヒコーキに乗って、洋上でこの時を迎えるし)
それだけ、初ワインってのは楽しみ〜♪

づづ自身は、酒屋さんに予約を入れていません、が、
きっと、おこぼれGet出来るでしょう。
酒屋のおばちゃんと、しっかりと約束したし。(^^ゞ
残しておいてや! って。(笑

飲んだ感想、どうでしょうね?
明日の晩には、あちこちで、感想が上げられるかな?

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

紀宮さま・黒田さん挙式

11/15は、紀宮さま黒田さんの挙式でした。

皇族から民間人となった紀宮さん。(と、これからは呼ばれる?)
皇族女子が皇族を離れ、民間人と結婚するのは、
昭和天皇の五女・島津貴子さん以来、45年振りとか。

おふた方の、これからの前途を祝して、
まずは、おめでとうございます…ですね。(^_^)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

春の雪

三島由紀夫の遺作の映画化ですけどね、
これって、絶対にミスキャスト!
(と、づづ以外にも騒いでいる人が居るから、たぶんそう)

妻夫木聡&竹内結子 の共演では有るけれど、
妻夫木聡は、この作品のイメージからして合いません。
違和感が漂いっぱなし。

他の出演者は、それそれ、
この作品に溶け込んだり、自分のキャラを巧く出していて、
それなりに良いんですけどねー
あと、宇多田ヒカルの歌も聴けます。(^_^)

そんなこんなで、観た人の評価、バラバラなんでしょうけど。

mo3663

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

ALWAYS 三丁目の夕日

1400万の発行部数を誇る、西岸良平の傑作コミックを映画化
とは言っても、このコミック、読んでいません。(^_^)

でもでも、映画的に、すんごい楽しくて、愉快で、
でも、切なくて、遣りきれないところが有ったりするけれど、
みんなみんな、明日を信じて生きていくんですよね。

昭和30年代の東京下町を舞台にした、
人々の人情味あふれる物語が展開する、この映画。
昭和の30年代を知る人には、懐かしさが込み上げてきて、
知らない人でも、その人情味に熱くなるんじゃ?

目頭、ホント、熱くなりますよ。(>_<)ヽ

mo3664

| | Commentaires (2) | TrackBack (1)

秋の夜の公孫樹並木

NightAutum

秋の夜長の、公孫樹並木です。

銀杏がいっぱい、歩道に落ちていて、
コレを踏み潰すと、バキッって音がして、
割れる感触が、足の裏に伝わって、
ちょっと心地よくて、嬉しくて、
思わず、銀杏を見付ける度に、バキッ!

砕けた後の、独特の匂いがキツイけれど、
この踏み潰す感触と、その楽しさ。
何か、霜柱を踏み潰す時のソレに似ている気がして、
今宵も帰り道、銀杏をバキッっと、
踏んで歩いたのでした。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

木枯らし

今宵吹く風、木枯らしっぽい風、なんですよ。

西の方から、びゅーびゅー 吹き荒れていて、
駅に置いて有った自転車、見事に倒れていたし。
その影響か否か判らないけれど、テールランプが灯かない。(-_-メ)
転倒したとき、壊れちゃったのかも?(謎

昨日今日と、京都からお客さんが来ていて、
で、ウナギの蒲焼き、食べに行ったんです。
市内の、老舗の蒲焼き屋さんまで。

三島市内には、老舗の蒲焼き屋さんが3軒有って、
同じ名前の店が、その内、2軒。
それぞれ、元祖***だの、本家***だのと、
こっちが本家本元なんだぞー! っと、
数十年来に渡って、争っている店。

お客の立場からすれば、
どっちが本家だろうが、構わないんですけどね。
口に合って、美味しければ。(^_^)
で、行ったのは本家の方で、
いつもの事ながら、バスの団体さんが入っていて、
うじゃうじゃ、超混雑。(-_-メ)

ここの鰻重・特大がもの凄くて、
アレを平らげられる人の胃袋って、いったいどんな?
って考え込んでしまう程、大盛り。ボリュームたっぷり!
小食のづづ☆彡は?、流石に「並」を注文したけど、
接待したお客さんは、その特大の方をちらちらと見てて…

特大に挑戦してみたかったのかもー
と、店を出つつ、思ったのでした。

でもですね、とてもじゃ無いけれど、
平らげられる量じゃ、無いですよ。
それに、づづ的には
桜*の蒲焼きの方が口に合うし(。_゚☆\ ベキバキ

これも、人の好みってことで。w

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

アルセーヌ・ルパン

古典的な?物語だけど、
華麗な映像美が、それを微塵たりとも感じさせません。
日本のアニメで、三世としていろんなストーリーが展開されていますが、
其れとは殆ど無関係。(^^ゞ

フランス映画らしい?
ウイットに富んだ演出が、観ていて嬉しくなります。
伝説程の大仕事なシーンは無いですが、
ストーリー的に、ウキウキ♪ソワソワしちゃいます。(^_^)v
探偵映画的な、どんでん返しも有ったりするし。

観る前に、公式サイトで家系図、調べておきましょうね♪

mo3668

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

消しゴム

私の中の消しゴム」の事を、ここんとこ、こう呼んでいます。
題名が長いと、呼び辛いし。(^_^メ)

チョン・ウソンソン・イェジンとの競演に依る、この作品。
前評判(と言うか、単に話題性?)は、かなり良いんですけどね、
ストーリー的には、日本の某ドラマの焼き直しだから、
酷評を吐く人も居るんですが…
づづ的には、誰のファンっていう訳でも無いけれど、
良かったですよっ♪

韓流独特?の、結末をはっきりさせないところとか。
結末を匂わせておいて、終わりなんですよね。
ここ近年の韓映画って。

そっそ、その匂い、香りに対する記憶って、
つくづく深いな~って、思いました。
人の名前は忘れても、愛しい人の匂いだけは、忘れなかった。
お互いに慕うひたむきな姿勢も、とても純粋に見えて、
微笑ましい印象を与えているし。(^_^)

涙腺が弱い人には、涙腺堤防決壊警報が発令されますよ。
ハンドタオルのご用意を…(;_;)

mo3672

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

前橋の人

昨日今日と、前橋の人と成ってきました。
クルマでこの辺りまでお出掛けしたのは、2度目。
福島・郡山・宇都宮辺りは以前、クルマでよく行ったけれど、
関越沿いの処へは、久々って感じで。

今回は、河口湖から中央高速に乗り、八王子まで。
そこから圏央道に乗り、関越へのJT経由で前橋ICへ。
片道、300km強だろうけど(正確に計って無いから)
所要時間は休憩を含め、4時間程。
そんな、飛ばしませんって。大人しく120km走行だし。(笑
行きも帰りも、あちゃこちゃで渋滞に巻き込まれて、
素直に走れれば、そうは時間は掛からないんだろうけど。
例えば、こんな渋滞。
hanazono
帰りの関越道の、花園IC付近での渋滞。
こうやってデジカメ出来るくらい、止まっていました。(-_-メ)

で、そのまま中央高速まで走り続け、談合坂SAまで。
dangou
此処で、晩飯を食べようかと思ったけれど、
コレだ!ってもの、無いんですよ。
だから、晩飯は御殿場までお預けと…(-_-メ)

そっそ、この日の朝は、しっかりと朝マックでした。
こんな具合に♪
asamac
問題です。この朝マック、何バーガーでしょう?(^_-)

で、前橋の夜なんですが、
駅周辺に食べ物屋さんを見出せなくて(徒歩の範囲で)
駅前に有るイトーヨーカードーの食処に潜り込み、
その日の晩飯を物色。(((‥ )( ‥)))

で、序でに夜食のお供だーってんで、
地下の食品売場に行って、オチャケをGet!
「赤城山」なるオチャケを見付け(720ml瓶)
お宿で飲み始めたのでした。
先に氷結を飲み干しちゃったけど。(^_^)
akagiyama

この赤城山、癖の無い、素直な飲み口なもんで、
ついつい、飲みが進んでしまって、危ないアブナイ…(^_^メ)
1/3位だけ呑んで、しっかりと封をしたのでした。
そう、お土産、です。w

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ココログ容量Up♪

ココログが容量Upに成ったって、知ってます?
11/1のお知らせで、その詳細が掲載されています。

クレマチスの丘・別館が、実は、
容量ギリギリだったんですよねー 使用率94%。(笑
何せほら、BGM用のmp3ファイル、
全て別館にUpしているし。(^^ゞ

そんなワケで、クレマチスの丘・本館&別館とも、
2GBまでディスク容量が増えました。
゚・:,。☆(*'ー')/♪了└|力"├♪\('ー'*)☆,。・:・゚ありがと♪ >@nifty

但し、システム負荷低減の為に、
最大ファイルサイズの制約(10MB)とか、
一日にUp出来るファイルサイズの制約(20MB)とか有るので、
注意書きを良く読みましょう。 >ココログ・ユーザー

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

稲村の有る情景

クラマチスの丘の地にも、秋が訪れています。
丘の麓では、稲刈りも終わり、
すっかり秋景色。
稲村がこうして、ちらほらと…

でも、昔の稲村って、もっとおっきかったけど、
これもコンバインに依る、稲刈りの機械化に依る影響?

Inamura

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ひつまぶし

hitsuma

念願のひつまぶし、やっと口にすることが出来ました♪
名古屋と言えば、手羽先。
でも、コレってどちらかと言うと、飲みの友。
ひつまぶしは、れっきとしたはらごしらえの元。
で、づづが食べたのは、ひつまぶしの小。
ちょと、遠慮しちゃいました。(笑
お味は…と言うと、三島の蒲焼きや
久留米のせいろうに慣れひたしんでいるづづにとって、
ちょと、インパクトなさ過ぎ。
んっ?って感じでした。(店に依るんだろうけど)
でもでも、それなりの満腹感が有ったから、ヨシです。(^_^)/

こっちの画像は、夜のタワーね。
文字が浮き出て来るようで、
浮き出てこないところが、◎かも(笑

Towers

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« octobre 2005 | Accueil | décembre 2005 »