« はっちゃん日記 | Accueil | 落ち葉・舞い散る »

エリザベスタウン

あの頃ペニー・レインとキャメロン・クロウ監督が、
オーランド・ブルームを主演に迎えた作品です。
製作には、トム・クルーズも加担していますがね。

全体的に、米国のカントリー色が漂っていて、
そういうの好きっ♪て言う人と、そうでない人、
其処でまず、評価が分かれる事でしょう。
づづ自身は、この手のカントリー色っぽいの、
好きなんです。米国の香りが漂ってきて。(^_^)

それと、劇中に流れる数多くの音楽。
前作、ペニー・レインより更に、
音楽性が濃くなっています。
そっそ、序盤で、
クレアがこんな様な事、言ってます。

「誰でも一度は旅にでるものよ
            音楽を連れて」


この言葉を実践するのが、映画の後半。
音楽を連れて、音楽と一緒に、
クレアがくれた地図とCDに従って、
(これはイコール、キャメロン・クロー監督からのメッセ?)
観る人それぞれが、それぞれに、
一時期の旅に出るんですね。劇中で。

mo3685

|

« はっちゃん日記 | Accueil | 落ち葉・舞い散る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22019/7234409

Voici les sites qui parlent de エリザベスタウン:

« はっちゃん日記 | Accueil | 落ち葉・舞い散る »