« 木枯らし | Accueil | ALWAYS 三丁目の夕日 »

秋の夜の公孫樹並木

NightAutum

秋の夜長の、公孫樹並木です。

銀杏がいっぱい、歩道に落ちていて、
コレを踏み潰すと、バキッって音がして、
割れる感触が、足の裏に伝わって、
ちょっと心地よくて、嬉しくて、
思わず、銀杏を見付ける度に、バキッ!

砕けた後の、独特の匂いがキツイけれど、
この踏み潰す感触と、その楽しさ。
何か、霜柱を踏み潰す時のソレに似ている気がして、
今宵も帰り道、銀杏をバキッっと、
踏んで歩いたのでした。

|

« 木枯らし | Accueil | ALWAYS 三丁目の夕日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22019/7047016

Voici les sites qui parlent de 秋の夜の公孫樹並木:

« 木枯らし | Accueil | ALWAYS 三丁目の夕日 »