« janvier 2006 | Accueil | mars 2006 »

février 2006 posts

県庁の星

織田裕二柴咲コウ、競演によるこの作品。

ほか、

石坂浩二、酒井和歌子、佐々木蔵之介、
和田聰宏、紺野まひる、奥貫薫、井川比佐志

などなど、豪華な顔ぶれです。

県庁のエリートコース歩みつつ有るキャリア公務員・野村が、
民間企業との人事交流研修として、
経営困難に陥ったスーパー“満天堂”へ派遣され、

教育係となった年下の女性パート店員・二宮と、
店舗改革に挑む課程を描いているワケですが…

「県庁さん」・「県庁さん」と、
最初は皮肉混じりに呼んでいたこの言葉も、時を経るにつれ、
お互いに協力して、ひとつの目的に向かって進むにつれ、
敬意のこもった呼び方になっていくんです。

思わず苦笑いしちゃう場面、爆笑してしまう場面、
ついつい同情しちゃったり、憎悪を覚えたりと、
今の日本の世情を、ぎゅーと凝縮した作品、かも。

ユーザー評価が高いのは、決して、
織田裕二柴咲コウ
のファンに依る投票が多いから…とは、思えませんよっw(^_^)

mo4004

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

カーリング

昨夜の、女子カーリング、日本vsイタリア戦、観ましたか?

ここで負けたら決勝戦への進出、成らずところ、
本当に素晴らしい試合、見せてくれました。
最後の最後まで、はらはらドキドキの連続だったけれど、
最後のイタリアのショットが僅かにズレた時点で、勝敗が決定。
思わず、喜び叫んじゃいましたよ。(^^ゞ
BSの解説者も、その瞬間、興奮して叫んでたし。w

次の試合の、対スイス戦では、
見事に破れたけれど、その試合内容とて、
敵ながら天晴れ! って位、見事なショットの連続で。

いろんな感動を与えてくれた、チーム青森、
(みんな、道産子なのに、なして青森?って感も有るけど)

小野寺歩、林弓枝、目黒萌絵、

寺田桜子、本橋麻里

ほんと、良い試合でした!

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

ナイト・オブ・ザ・スカイ

ナイト・オブ・ザ・スカイ

たぶん、Knight of the sky なんですよね。コレって。
予告編を観るまで、まったくもって、意味不明でした。
キングダム・オブ・ヘブンなんかもそう。(Kingdom of heaven)
 
題名をカタカナにしちゃうと意味不明になっちゃうって、
前にも書いたんだけど。
どうにかして!< 洋画関係者さま

で、このKnight of the sky
フランスのコミックが原作なんですね。
最近、コミックが原作だって映画、多い様な気がして。
日本では、昨年末に上映された「NANA」とかが有るし。
かの「バットマン」も、原作は米国のコミックでしょう。

そっそ、デスノート(原作:大場つぐみ)も
今年中に実写版で映画化されるみたい。
この、実写版ってところ、ファンの間では賛否両論です。
今からもう…(^^ゞ
(づづも、デスノートの愛読者でして…(。_゚☆\ )

でもって、ナイト・オブ・ザ・スカイ
フランス空軍の全面協力の元、製作と有るけど、
はっきりいって、バーチモ(空間意識失調症)に陥りそうだった。
何せ、スクリーン全体がグルグルグルグル、
空の中で回転して(戦闘パイロットから見た視点だから)
真っ逆様に成ったり、雲の中をローリングしたり、
太陽光を直写したりと、
(戦闘機乗りがよく言う、太陽に入るってのは、このこと)
見終わったあと、ちょと、頭、ふらふらの状態。(~_~;)

ジェットコースターから降りた直後の状態…って言えば、
ちょっとは、判って貰えるでしょうね。(^^ゞ

ストーリー的には、「国際テロの絡む謀略」って路線で、
まあ、二転三転するワケで、ちょっと物足りなさげ。
「TAXi」の監督:Gerard Pires(ジェラール・ピレス)
が、今回、製作&台本朱筆したって事が、ちょと話題性有り。
観た人の評価が、
「良かった!」ってのと「ちょとねー」に分かれたのは、
づづ的に感じたこと、如実に示しているでしょ?

mo4034

| | Commentaires (2) | TrackBack (4)

しとしとぴっちゃん

木枯らし門次郎…じゃ、有りませんって。
この時期の雨って、暖かく感じられるから、
ちょっとは好き、です。(^^ゞ

梅雨時の雨は、しつこい、でしょう。(^_^;)

さらっと降って、スパッと止んで、
その後、ポカポカ、暖かい陽気ならば、
極楽・極楽〜♪
ハンモックの中で、ゆるりとお昼寝した〜い、
春の訪れを感じさせる陽。

そんな感じさえする日々を前にして、
今年も例の如く、花粉の乱舞、始まりましたね〜
もう、クシュンクシュンの連続。
目は、しょぼしょぼしょぼ〜だし。(~_~メ)

酷くなる前に、今日、
薬を処方してもらいに行って来ました。
錠剤のエピナジオンと、点鼻薬のペンブリンAQネーザル。

去年ほど、乱舞の量は多くない…とは云われても、
飛び回っていることには、変わりは無い、ワケで。

箱根山麓の杉花粉の里と、天城山麓の杉花粉の里に挟まれて、
今年も恐怖の日々の始まりです。

へくしょんっ…(~_~;)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

中村屋

世の中、こういうFlashも有るんですねー

空耳のFlashばかり観てきたもんで、
この手のFlash、新鮮かも。

余り書くとネタバレしちゃうから、紹介だけに止めますが、
とにもかくにも、笑えます。
可笑しすぎて、脇腹、引き千切れるかも?(^^ゞ

それでもよければ、ここから見に行ってくださいね。
中村屋

 

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

燃ゆるとき

題名が、良いですねぇ~

最初、この題名を聞いた時(目にした時?)
ほぇ~って、思ったくらい。w
題名から、そのストーリー、連想できませんでした。

で、
今夜急遽、観に行くことになって、観てきたんですが、
アミーゴ!
良かった良かった♪
久々、
終わりよければ全て良し って感じの終演。(^_^)

中井貴一さん、味出てましたねー
あと、大塚寧々も♪

ロケ地の田子ってのは、伊豆の地です。
どうりで、何処かで見たことが有るような景色だと思ったら、
田子の港だったりして。(笑

海外ロケは、CAでは無く、オーストラリアの様です。
(ロールバックを、よぉ~く見てくださいねっ)

mo4031

| | Commentaires (0) | TrackBack (2)

秋篠宮さま

秋篠宮家・紀子さまがご懐妊になったと
昨日今日の報道で、ドタバタ報じられているけど…

女性天皇容認を、今国会で論議しようとしている、与党。
タイミング的には、
正にジャストフィットした今回のご懐妊報道もさることながら、
余り、
ドタバタ騒ぐもんじゃ無いですよ。

騒げば騒ぐだけ、紀子さまのプレッシャーが増すだけで、
このご懐妊そのものも、政治的に利用されそうな気もして。

それ故、
予定日の秋まで、じっと見守っているってのが、
報道や政権を含めた、国民がすべき事では?

| | Commentaires (0) | TrackBack (2)

漢字検定

全国津々浦々の、漢字検定受験生のみなさま、
如何でした? 今日の試験結果は?

づづ的には、まあまあかなぁ~って感じ。(^_^)
まあ、余裕ってワケじゃ無いけれど、
一応、埋めるべき処は埋めたし。
(霊感・山勘・第六感は有るにせよ…(。_゚☆\ ベキバキ)

ってゆーかさー

こういう試験モノ、
まずは回答欄を埋めるっての、必勝法でしょう。
最後の最後まで、迷ったなら迷った成りに、
判らないなら判らない成りに、
答えを取捨選択したり、当て字を書いたり…と。

あっ…づづは決して、
消しゴム転がしや、鉛筆倒しのお世話に成りませんでしたよ。
山勘と霊感で、なんとか埋め尽くしました。(爆)
特に、熟語の関連付けが怪しい。

それにしても、中学生って、回答書くの早いぃぃぃ!
始まって直ぐ、会場内に響く、筆を走らせる音。
最初、その筆音の早さに圧倒されちゃったけれど、
其処は其処、元受験生の面目も有るし、
冷静さを取り戻して、
コツコツと、自分のペースで問題を解き解き。

最初は、問題への時間配分、
ちょっと判らなかったけれど、時計にちょっと目を遣りつつ、
こんなもんかーなぁー
ってんで、往年の受験生の経験則に基づき、
しっかりとペース配分です。
経験に勝るモノ無し?(謎笑

最初、受けるのは中学生だけかなーと思っていたけど、
(つまり、中学生が受ける級を受験したワケね、づづは)
オトナもチラホラ居たし、何となく安堵。ホッ(#^_^#)
一般人の、登竜門の級、なんですよ。

そんなこんな、今回の漢字検定、
無事に終了?したワケですが、
早速、次の級を狙います。
次の試験日は6月初旬だから、
今度はじっくりと、受験勉強、出来そう…(^^ゞ


| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

« janvier 2006 | Accueil | mars 2006 »