« mars 2006 | Accueil | mai 2006 »

avril 2006 posts

蓮花畑

子供の頃には、よく見掛けた蓮花畑。

ここんとこちょっと、見掛けなくなったんですが、
近場でちょっとした蓮花の群集、見付けました。
曇り空の下なもんで、色具合がいまいちですけどね。
Renge1

近寄って、間近に見ると、
Renge2

手前の花々がぼやけて見えるのは、
風にそよいでいるから。(^^ゞ
Renge3


(CyberShot S-40 1280x960 色彩補正有り)

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

小さき勇者たち ガメラ

あの、一連のガメラ・シリーズとは一線を外します。
こっちのガメラは、冒頭こそ、元祖ガメラですが、
主役は、その子孫。
子役もいっぱい出てきて、それを大人達がフォローして、
これってもしかすると子供向け?
って思ったら、大違い。
思わず微笑んでしまえる、大人が楽しめる作品です。

ガメラ、モスラ、ゴジラと、
かの、円谷プロの代名詞的存在の、ガメラ。
ゴジラも好きですが、このガメラも愛嬌が有って、好き。w
今回のガメラ(子亀の内は、トトとよばれているけれど)は、
更に愛嬌いっぱいです。(^_^)

所謂、怪獣映画目的で観ちゃ、ダメです。
あくまでも、
子亀と子供と、それを取り巻く大人達の物語。
Mo4021

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

藤棚

藤も、
この辺りでは修善寺・虹の郷 の藤棚が見事で、
今が丁度、その時。

虹の郷まで出向かなくても、身近なところにも、
ほら、こじんまりとした藤棚が…
Fujitana1

柱に落書きされているのが、玉に瑕ですが、
こちらのショットでは、目障り無し。(^^ゞ

Fujitana2_1

あと、会社へ行く道中、
こんなん花も見付けました。(^_^)
Nazonazo
正体は、根元をよぉーく見れば判りますよっ♪
(by CLie PEG-NX80)

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

ほりえもん

容疑否認のまま、昨夜、
仮釈放となった話題の人。ほりえもん。
報道各社が、これでもかって位、押し寄せて、
ほりえもんの乗ったクルマの後を、
パパラッチ(これって死語?)の如く、追い回して。
今年最大の、話題な人ですよ。

裁判の公判はこれからだけど、白か黒かはっきりして、
役務からも解き放された時、
話題の人、ほりえもんは、どうするんでしょうね。
きっと、又、新たなビジネスを起こすんだろうけど、
それはきっと、日本以外の地でのこと。
起業の意欲は、今の日本では最高な人なのに。(^_^;)

善悪だけは、しっかりと踏まえて欲しい。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

満員御礼

違う路線バスだと…

いつもとは打って変わって、混雑そのもの。
満員御礼。(^^;)
立っているのもやっとこさで、
時に、人の足を踏みつけたり、踏みつけられたり。

こと、女性のヒールで踏まれた時には、
ホント、涙が出てくる程、痛いんだよなぁ~(^^;)
満員の車両の中、傍にヒールを履いた人が居ると、
恐怖、なんですよ。(/_;)

それと、魔法使いの魔女が履く様な、先の尖った靴。
アレの先で蹴られたりすると、もう、脂汗タラタラ…(;_;)
生きた心地、しませんって!

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

観たい映画・聴きたいコンサート

観たい映画。

今のところ、
この5月公開予定の「ダビンチ・コード」と、
その後に公開される「日本沈没」と、
デスノート」。其れくらいかな。今のところ。

最近、コレだ!って映画が無いもんで、
ちょっとシネマから足が遠ざかっている、づづ☆彡
もう暫くすると、シネマ虫が騒ぎ出します。(予定)

聴きたいコンサート。

もうちょっと先のことだけど、この8月に、
富士のロザシアターで、「女子十二楽防
有るんですね。
これ、絶対に行きた~いっ♪
デビュー当初からの、FANです。
DVD&CD、ちゃーんと拝聴しております。(。_゚☆\

だってだって、こういう古典楽器って、
新鮮味が有って、魅力的でしょう。(^_^)
日本の古典も、こういう風に、
ちょっと現代風にしてみると、聴き方、変わるかも?

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ねこバス

いつも、駅から会社の近所まで、
ガタガタする地元バス会社のバスに揺られ、
行くんですけどね。

このバスってのが、その車両にも依るんですけど、
ほんと、ガタガタガタガタ…
お尻、痛くなるほどのクッション。(^^ゞ
道の悪さが、それを更に助長して、
降りる頃には、お尻、なでなで…です。w

朝からこんな調子じゃ、ちょと身体が可愛そう。
トトロに登場するねこバス
是非是非、乗りたい今日この頃なんです。

その路線バスの時刻表、
よくよく見ると、終バスの時刻、早過ぎ~!
これ、見て下さいよ。(~_~;)
Tokura

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

いろんな夜

泣きたい夜も、有る。
笑い転げたい夜も、有る。
心和む夜も、
ひとり、無心に成りたい夜も、有る。

いろんな夜が有って、
いろんなドラマ、生まれて。

みんなみんな、それぞれの夜の姿かも。

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

今年最後の夜桜

週末の金曜日、
ちょと外は肌寒かったけれど
御殿場高原ビール で、今年最後の夜桜
堪能してきました。
もちろん、ビール飲み放題の特典付きで。(^_^)

でもでも、要の桜は、
そろそろ、花吹雪の頃となっていて、
上から花びらが、ちらほら。
ライトアップの姿は、こんな感じです。

Gotenba1
ちょと、桜の花の色が出ていないかも。
Cyber Shotを持っていかなかったから、
Clie PEG-NZ90 で撮りました。

そっそ、こんなんイルミネーション、
有ったんですよ。
まずは、これ。
Gotenba2

時々、色が変化して、
こうにもなりました。
Gotenba3

こっちのイルミネーションの方が、
夜桜よりもキレイだったかも。(。_゚☆\

肝心の「食」の方は、
それはそれは、もう、満腹って感じで。w
最後の最後に出てきた、スペアリブ。
あれ、人間だけじゃ食べ切れませんって。
犬ちゃん同行なら、平らげること、
出来るんでしょうけど。(^^ゞ
(御殿場高原ビール、公式サイトのTopに有る品)

そっそ、食べ残しの持ち帰りは厳禁です。
あしからず。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

200万人の

漢検(漢字検定)
またまた、受けますよ。
平成18年度、第1回。
試験日は、6/11です。
お勉強、しなくちゃね。(^^ゞ

そっそ、前回の試験は、無事合格しています。
何級に合格したんだって?
ちょと恥ずかしくて言えない、級。(笑)

200万人の漢検、どうですか?
受けてみませんか?
申込書は、全国の書店で、一言。

「漢字検定の、受験申込書くださーい!」
と。w

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

春よ恋

ってキャッチフレーズ、よく見かけますよね。
今日、見かけたこのキャッチは、
行列の出来るラーメン屋さん。
三嶋大社の、鳥居の傍の店です。
(と書けば、地元民なら、ああ、彼処かぁ…と判ることでしょう)

春よ恋
桜の花吹雪も、ウグイスのさえずりも、
その到来を告げるもの。
もうひとつ、こんなモノも有ります。

黄砂、
そう、中国大陸から飛来する、
中国四千年の地、その砂の粒。
昨日今日と、偏西風に乗ってやって来た黄砂で、
富士の姿は、こんなにもぼんやりと。
春霞とは、違う霞みです。(^_^)

Springfuji

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

バスは何を運ぶ?

当然ながら、人、運びますよね。
でも、バス路線によっては、空気、運びます。
そう、誰も乗客の居ないバス。

いま乗っているこのバスも、乗客はづづ☆彡だけ。

走るバス、運ぶ空気。

もっともっと、公共交通機関、利用しなきゃね。
京都議定書に倣うまでもなく、
もっともっと、地球に優しく。(^_^)/

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

四月一日の日って?

四月一日の昨日。

朝から、東海道新幹線は満員御礼で、
それでもちゃっかりと座っているづづは、ちょっと賢いかも?(^_^)

まず、乗るときの、車両ドアの位置。
進行方向に向かって、後よりのドアから乗り込むんです。
こっちの方が降乗者、少ないし。
待ち人も、少ないんですよ。
だから、
ベストポジションをゲット出来る確率も高くなるって、算段。(^_^)

立たざるを得なくなったら、
列車停車駅の近くから、車内の人の動きを観察。
そう、ゴソゴソゴソゴソ、
荷作りを始めた人は、必ず降ります。
そしたら、獲物を狙う鷹の如く…ですよっ(笑)

そんなこんな、
墨田公園の桜祭り、行って来ました~♪
桜を見る…と言うより、人の頭を見てきたって感じ。(^^ゞ
すんごい人出だったし。
桜の花の下で、花見宴会している人達、
いっぱい、居ましたよっ(^_^)

Sumida34
(CLie PEG-NZ90  800x600)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« mars 2006 | Accueil | mai 2006 »