« M:i:II | Accueil | 七夕前夜祭 »

デジャブ

心理学的には、
初めての経験なのに、前にも同じことが有ったような気がする。
考えれば考えるほど、確信が深まる。
これをデジャブ(既視感)といいます。

でも、
何処かで嗅いだような香り、匂い、声、音、
それらが、グルグルぐるぐる、
頭の中で巡り回って、
やはり、以前、何処かで…って思い、
したことが有るでしょう。

人の記憶は、
匂いや香り、声や音には、とても重厚。
なかなか、忘れ得るものでは有りません。
愛しい人の、匂い香り、声。
忘れたくても、忘れられないでしょう。

時に、デジャブと混在して、
蘇ってくる、感覚かも知れませんね。

|

« M:i:II | Accueil | 七夕前夜祭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Commentaires

デジャブは元々フランス語のデジャ(既に)ビュ(見た)
から来てるんですよね(^^)/
本当に匂いと音は記憶に直結してます。
切なくも甘酸っぱい記憶が・・・(笑)

Rédigé par: LOLOママ | le 03/07/2006 à 22:19

LOLOママさん♪

仏蘭西語はLOLOママさんの得意とするところ。(^_^)

そうですよね、
デジャ・ヴ(déjà vu)と書き記すのが正解。

この現象を最初に唱えた学者がフランス人だから、
このデジャブが有名に成ったんですけど、
英語表記では、already seenに成るそうです。


切なくも、甘酸っぱい記憶…
誰しもが、ひとつふたつと、
心の奥底に、秘めているんでしょうけど。(^^ゞ

甘酸っぱいからこそ、デジャブなんですよ。きっと。(^_-)

Rédigé par: づづ☆彡 | le 04/07/2006 à 21:31

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22019/10777752

Voici les sites qui parlent de デジャブ:

« M:i:II | Accueil | 七夕前夜祭 »