« 猫おどり | Accueil | 水も滴る… »

日本沈没

原作は言わずと知れた、
70年代前半の、小松左京のもの。

73年にも一回、映画化されたんですが、
その時のものは、比較的原作に忠実な内容で、
原作を読んで描いたイメージと、映画から受ける印象、
そうは大きく、食い違って居ないって記憶が、
有るんですけどね。

今回のリメイク版、題名こそ「日本沈没」ですが、
大枠も詳細も、だいぶ原作とは違い、
結構にアレンジされています。

旧作を観た人も観ていない人でも、
今回のリメイク版は、結構に堪能できるかも。(^_^)
出演する役者が役者ですからね。
づづ的には、柴咲コウさん、よかった~♪

日本沈没 公式サイトはこちらです。

Nihonchinbotsu

|

« 猫おどり | Accueil | 水も滴る… »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22019/10968892

Voici les sites qui parlent de 日本沈没:

» 映画「日本沈没」新旧観比べました [避難場所]
映画「日本沈没」の、 旧作を昨夜ビデオで、 新作を今日劇場で、それぞれ観ました。 旧作 ・総理大臣の苦悩が大きく扱われている ・結局日本は沈没する(した)のか、 免れたのか(免れることが確実なのか)、 いまひとつはっきりしなかった。 ・が、あのラストは決して悪くない。 状況から考えて、2人の運命は、あれがリアルですよね。 かといって決して悲観的100%ではなく 主人公がヒロインに対し 「待ってろよ、いつか必ず探し出すからな」 みたいな気持ちが伝わってきて、 余韻の..... [Lire la suite]

Notifié le le 17/07/2006 à 23:10

« 猫おどり | Accueil | 水も滴る… »