« juillet 2006 | Accueil | septembre 2006 »

août 2006 posts

ROUGH

二人なら きっと飛べる

のキャッチ。ROUGH(ラフ)
あだち充・原作ってことで、予告編を観て、
ん~全編どういう感じだろう?
ってな興味心のもと、観てきました。(^_^)

高校生という役作り、ちゃっとミスマッチじゃない?
って感じを受けるけれど、
其れは其れ、ヨシとして…(^^ゞ

思いっきり青春している映画、です。
Rough

| | Commentaires (2) | TrackBack (1)

ありがとう・ゴメン・おねがい

日頃、人と人との間で交わす言葉。

ありがとう、
ごめんなさい、
おねがい

心では思っていても、
なかなか、口には出せなくて、
それ故、相手はその言葉を待っているのに、
返ってこない、コトバたち。

もっと自分に素直になれば、言えるんだろうけど、
なかなか、
心では思っていても、口に出せない言葉たち。

感謝の念や、詫びる思い、頼むときには、
やっぱ、素直に、

ありがとう
ごめんなさい
おねがい

| | Commentaires (6) | TrackBack (0)

スズムシ

涼しい涼しいと思っていた今日日、
ここ、クレマチスの丘の麓では、鈴虫の合唱が始まりました。

今宵の帰り道、鈴虫さん達の合唱が、あちゃこちゃから(^_^)/
いよいよ、秋の訪れかもー!
中秋の名月も、もうすぐ~(って、気が早すぎ!)

蛙さん達の合唱も、夏の夜のBGMには良いけれど、
涼しげな今宵にはやっぱ、スズムシ達の合唱。
これってやっぱ、日本の四季?

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ま・た・ね

がん終末期の患者さまがくれた贈りもの

の副題による、この本。
ホスピスの看護師をしていた著者が、
8年の歳月をかけて、やっと
8年前のことを書き出した書です。

づづ☆彡的には、延命のための処置は拒み、
人としての尊厳を、最後まで貫きたい人
自分を失う様な薬漬け、人工臓器の移植は、断固拒否です。
それ故、ホスピスには関心が有るワケで。

人の命は、天より授かったもの。
授かった命の余命は、
他人があーだこーだ、手を加えて弄くり回して、
もて遊ぶもんじゃ、無いですよね。

題名の「ま・た・ね」は、
再会を約束する言葉。
「さよなら」「バイバイ」じゃ、
もう今度は会えないかも知れない…

仏教に有る、輪廻転生。
生命の営みである、生・老・病・死。
誰にでも、やがては訪れる死を、
言葉では理解していても、
実感として、まだまだ自分の中に受け入れられていないと、
読みながら考えたのでした。

Isbn4_06_213350_4

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

左遷された冥王星

24日の国際天文学連合(IAU)の決議で、冥王星は惑星の座から
矮(わい)惑星の座に左遷されたワケですが…

冥王星を発見した米国では、落胆の声が多々。
米国人(クライド・トンボー:1997年没)が発見した
唯一の惑星だったわけですからねー
他の惑星は、米国以外で発見されたもの。
こと、海王星の発見は、ドラマそのものです。
(軌道予測に基づいて探索して、遂に発見!)

冥王星も、軌道予測に基づいて探索して、
長い年月の後、遂に発見!となったワケですが、
当初の予測された場所とは、少し異なる場所での発見。
変則的な軌道は、発見後の追調査で確定したこと。
20世紀最初の新惑星発見!は、当時(1930年)、
かなり盛り上がったことでしょう。

これだけ、いろんな話題を提供する冥王星には、
いま、惑星探索衛星が向かっています。
米国が今年打ち上げたNew Horizons
ニュー・ホライズンが冥王星に到着する2015年には、
今以上に、冥王星のこと、新たに知り得るんでしょうね。

惑星探査衛星ボイジャー2号が、
木星・土星・天王星・海王星を巡った時、
いろんな驚き、発見を、地球に送ってくれました。
ニュー・ホライズンがどんな発見をするのか、
今から楽しみです。o(^o^)o
2003ub313

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

タッチ&ゴー

ってな駅の改札ゲートが、ここ伊豆の地の、
いち私鉄ローカル線に有るハズは無く、
もっぱら、旧式の通勤カードを通して、改札ゲートを通る日々。(^_^)

JRの改札ゲートでも、ここ私鉄ローカルでも、
切符や通勤カードを通す口は、何故か皆、右側。
ホント、決まったように、みな右側に通す口が有って、
づづ☆みたいに左利きの人にとっては、不便極まりないこと。(/_;)

左利き用の改札ゲートって、無いのかな~?
世の中みな、右利きってワケじゃ、無いでしょう?

通勤カードならまだしも、
ちいさい切符(エドモンソン券)を右手で通すのって、
えっらい大変。(^_^;)
(通勤カードもそうだけど…)
時々ミスって、改札ゲートの途中で立ち止まっちゃうのは、
づづ☆彡だけじゃ無いですよね?(謎)

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

河辺機関

もひとつの、秘められた戦後史。
河辺機関

15年戦争終了後、日本を統治していたGHQに
諜報活動を通じて協力した部隊、なんですよ。

そのメンバーたるや、終戦間際の旧軍の将校幹部。
かの、東京裁判で告訴を逃れた人達が、
その主たるメンバーなんですけどね。
活動内容たるや、不気味過ぎ。

GHQとの建前上、対ソ連諜報活動、対北朝鮮諜報活動
のハズなんだけれど、
軍資金の提供元は、何といってもGHQ。
どんな活動をしていたのか、不明です。

そっそ、朝鮮に展開していた関東軍731部隊の面々が、
東京裁判での告訴を逃れた事も、いろいろ不可思議ですけどね。
調べれば調べるほど、謎が謎を呼ぶ、終戦直後の動向。

河辺機関 の事は、この記事が信用大。
ググルと、まだまだいっぱい出てくるけど。(^^ゞ

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

靖国参拝論議

いま、いろいろと論議されている、
閣僚の靖国神社への参拝の件。あれこれ。

づづ☆彡的に、終戦記念日の日、
小泉首相が靖国神社へ公式参拝したのは、
例えそれが、公約を果たす為とはいえ、
良いことだと考えるんですよ。

靖国神社へは、15年戦争での戦没者のみならず、
古くは、明治維新の戊辰戦争、西南戦争の時の戦没者も
祀られているワケです。

そういう、明治維新以降、日本の為に命を捧げた戦没者
英霊が祀られている宗教法人を
一国の首相が公式参拝した事で、なして中韓はあれだけ騒ぐのか?

靖国神社には、確かに、
日清戦争、満州事変、日中戦争、大東亜戦争での戦没者、
及び、大東亜戦争後の極東軍事国際裁判(東京裁判)で、
A級戦犯として結審され、刑が執行された人達が合祀されているけど、
この事で、第三国が公式参拝に対して横槍を入れるのは、
内政干渉も甚だしい…と、思うワケです。
サンフランシスコ条約締結の時点で、
少なくても大東亜戦争に於ける戦争賠償は完結したハズ。

いま、政治討論でやたらと、
この靖国神社公式参拝を論議しているけれど、
あの場でしゃべっているセンセイ方、
靖国神社の歴史、東京裁判の経緯、及び理不尽な結審。
それ以前に、ポツダム宣言を日本が受けた時の条件、
知ってるんでしょうかね? 大きな疑問。

当時の日本政府は、ポツダム宣言を受ける条件として、
極東国際軍事裁判は、承諾していないんですよ。

戦犯は、日本国内法に基づいて、
自らが裁くと申告したにも関わらず、
米国の独断と陰謀から、勝手に東京裁判は執り行われた。

もひとつ、東京裁判では、
その前に行われたベルリン裁判の結審を大いに参考としたけど、
ベルリン裁判では、ナチスを裁くことが、その最大の目的。
事実、ドイツ軍の上級将校で有っても、ナチスでは無い将校は無罪。

東京裁判に於ける当時の判事のひとり、インド代表の判事は、
A級戦犯として起訴された全員を、無罪としました。
他、フランス・オランダの判事は判決に部分反対、
裁判長を務めたオーストラリア・フィリピンの判事は、
結審にあたり、私的な意見書を提出しているんです。

これら事実は、当時、日本を統治していたGHQに依り、
その公開は伏せられてしまったけれど、
かのマッカーサーは後年、米国議会でその事実を証言しているんですね。

これら、史実を理解の上、
TV論議でA級戦犯の事をしゃべっているのか、
靖国神社の事を、しゃべっているのか?
靖国神社公式参拝の件は、外交の話しとは別件
切り離さなければいけない事、だと考えるんですよ。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

水金地火●木土天海冥●●

ニュース報道で有った通り、太陽系の惑星、
その数を12とする原案が、
国際天文学連合の総会で議論されています。

今の教科書では、題名の伏せ字を除いた9惑星。
水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星

これら9惑星に3惑星が加わり、
水星・金星・地球・火星・セレス・木星・土星・天王星・海王星
冥王星&カロン・2003UB313

この内、冥王星とカロンは、
お互いがお互いの周りを回る二重惑星!?
それって、イスカンダル&ガミラス星(宇宙戦艦ヤマト参照)じゃん♪

セレスは12惑星中、最小の惑星の為、
わい惑星と呼ばれる様ですが、議論の結果はどうだろう?
8月24日の最終決定が楽しみです。(^_^)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

あなたの商品企画室

すずさんの日々の戯言 で紹介されている、

あなたの商品企画室
づづ☆彡も遣ってみました。

したら、こんなん商品企画が出てきた…(^^ゞ

<p><p><p><p><p>あなたの商品企画室</p></p></p></p></p>

商品名
「スーパーづづ☆彡ブラザーズ」

キャッチコピー
きのこでなんと大きさ2倍!

種類別名称 ファミコンカセットっぽい形をしているが実は、0歳の男性(人間)
商品名 スーパーづづ☆彡ブラザーズ
原材料名 平凡だった子供時代
何事も粘り強い忍耐力
思いやる心
一般的な平凡的な極めて標準な肉体
休暇申請中の肝臓
人のアドバイスを聞かない頑固者
僅かな過ちへの謝罪
香辛料
着色料(黄色6号)
賞味期限 人間としては後、82年くらいです。
異性の対象としては後、56年くらいです。
保存方法
(開封前)
テレビの音が聞こえる近くに置いて下さい。
開封後の取り扱い とりあえずテレビでも見せてあげてください。
製造者 づづ☆彡の父と母
今から約0年と数ヶ月程前、静岡県のとある一室において(以下略)

使用上の注意 お子様の手に届かない所で保管してください。
定期的に食べ物を与えてください。
たまには静岡県に連れて行ってあげてください。
お酒をあまり与えないで下さい。

「スーパーづづ☆彡ブラザーズ」の
販売数見込み

同年代の人たちに大変話題になり、0歳の人の31%が欲しいと一瞬思ったが、
実際売れた数は1176個


| | Commentaires (5) | TrackBack (0)

三島・大文字焼き

恒例、三嶋大社夏祭りの行事のひとつ、
大文字焼きです。

一辺の長さが日本最大を自称する、三島大文字焼き。
その詳細は、市の広報に譲るとして、
箱根山麓に描かれる大文字焼きは、
クレマチスの丘の麓から見ると、こんなにもちっぽけ。
角度がねているってことも、
ちっちゃく見える要因でしょうけどね。(^^ゞ

そんな、三島大文字焼き、
今年は、こんな感じでした。
Mishima02

尺玉とのコラボレーション?
Mishima01_1
ちょと、ぶれています。(^^ゞ

もう一枚。ズームアウト。
Mishima03

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

東京フレンズ

Tokyo_frends

ふとした事から、東京で巡り会った、
四人の女の子達の、生きざまを綴ったもの、ですけどね。(^_^)v

観客の殆どが、女子中・高校生ってのは、
キャッチの答え、見てみたかったから…と思うんですよ。
単に、出演者目当てってワケじゃ、無いと思うんです。(謎)

去年公開されたNANAもそう。

夢を探しに、地方から東京へ出てきて、
一日一日が、新たな発見で有ったり、
驚きで有ったり、トホホ…だったり。

そういうところが共感出来るからこそ、興味、示すんでしょうね。(^_^)

キャッチの、
「一番最初に描いた夢を、あなたは今も、覚えてる?」
この問いに、答えられますか?

東京フレンズ 公式サイトはこちらです。
  ↑↑↑

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ユナイテッド93

この時期、かなりマイナーな作品かも。(^_^;)
(パイレーツ、ゲド戦記、日本沈没とか、上映しているし)

以前に、この作品の原作を読んだ時、
本の中では、この機に搭乗していた乗客、乗員、
それぞれの横顔がドキュメンタリータッチに描かれ、
それと平行して、UA93便が辿った経緯を、
残されていた交信記録やレーダー記録から、再現を試みたもの。

機内で、テロ犯人とどのようなやり取りが有り、
乗客、乗員がどういう行動を取ったのか…
残された電話での会話記録から、勇敢にも犯人達に立ち向かったワケですが、
そこに至る迄の経緯が見頃かも。

原作本に依る最後は、目撃証言から。
映画中の其れは、こうしたであろうという、推測から。
でも、この映像は、づづ☆彡的にも同感。

2001年9月11日、米国で発生した同時多発テロの一環として、
ドキュメント化された映画です。
原作の方も、是非是非、読んでみてくださいねっ♪

United93

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ゲド戦記

「かつて人と竜はひとつだった。」
で始まる、この作品。

観るタイミング、外したつもりだったんですけどね~
日曜日のゲド戦記は、盆休み中ってことも有り、長蛇の列(^_^;)
公開から半月経つのに、この人気(^_^)v
やはり…宮崎駿・人気…
ってなワケ、無いだろうけど。(監督は、長男の宮崎吾朗)

世間では、世襲だぁーとか、そんな声もちらほら。(^_^メ)

でもねー 荒削りなところが多々見受けられて、
づづ☆彡的には、これってホントにジブリの作品???
って印象を受けたほど。(~_~;)
絵コンテンツやアニメーション、挿入曲、効果音、
それぞれがどことなく粗っぽいし、印象が薄い。

辛口の評論が多いのは、今後への期待って事で。(。_゚☆\


Gedosenki
(C)2006二馬力・GNDHDDT


| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

らじお体操

♪あーたーらしーい あーさがきた
          きぼーのーあーさーだ♪

の曲で始まる、
夏の定番のひとつ、ラジオヽ(^_^;))((^。^;)ノ

朝の6:30になると、何処かしら聞こえてきます。
近所の小学校で、これ、遣っているんですよ。
ときどき。(^^ゞ

づづ☆彡が子供の頃は、毎朝だったんだけど、
近年はたまーに…なんですね。
毎朝、聞こえてこないし。(^_^メ)

そんな朝の朝焼け、こんな感じでした。(^^ゞ
Dsc08131
(CLie PEG-NZ90  Auto-mode)

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

盆入り

いよいよ、日本列島何処も、盆入り突入です。

今日の通勤電車なんぞ、中はガラガラ。
乗っているのは、首に会社印の首輪をはめられた人と、
部活の朝練に向かう、地元高校生ぐらい。
ラッシュしていたのは、帰郷の高速道路と下りの新幹線ぐらいかも。(^_^)

この地で生まれ育ったづづ☆彡には、
帰郷するまでも無くて。
毎年、例年のこの帰郷ラッシュを、傍観者している人。(^_^;)

遠い地まで帰郷している方々、道中の無事を祈ります。(^_^)/

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

嵐の前の静けさ?

台風が近づいているってのに、
静かな夕暮れ。
夏の夕暮れ独特な雲が立ちこめて、
夕日が雲に映って…
Dsc08082

新幹線車中から見た夕暮れの雲は、
台風の接近を知らせるものでは無く、
明日はきっと晴れ♪を、予感させる雲。

きっときっと、明日は晴れ♪

Dsc08081

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

爆笑エッセイ集

いま、読んでいる本。

斎藤由香 著
窓際OL 会社はいつも てんやわんや
新潮社 刊

週間新潮で連載されていたエッセイの、単行本です。

自らが勤める会社のこと、
そこまで書くんか?ってくらい、暴露しっぱなし。
その暴露が、会社内のことに留まらず、
著者の関係者にまで事が及んでいるところが、
人気の秘密なんでしょうね。

斎藤由香さんの祖父は、歌人:斎藤茂吉
父親は、作家:北杜夫

この血筋ですからね、単なる暴露には終わらない。
ユーモアたっぷりの、エッセイ集となっています。
Dsc08063

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

謎の物体

LOLOママさん の「謎の生物」シリーズじゃ無いですが、
こう見ると、これってちょっと、謎の物体でしょ?(^^ゞ

Dsc08062

朝早くから、蝉の合唱団の目覚まし時計に起こされ、
近所をお散歩した時のひとこま。(^_^メ)

川辺では、犬を連れた人もちらほら居て…
Dsc08061

夏の朝のひとこま、でした。(^_^)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

元気印(^_^)

夏の元気印と言ったら、やはり向日葵
ひまわり娘とか、言うでしょう。
元気いっぱいの、形容詞。

梅雨明け宣言されて、猛暑が続く日々。
夏バテしちゃっている人、きっと居るハズ…

そんな人達の為に、クレマチスの丘の麓から
元気いっぱいな、向日葵、
こうしてお届けに参りました。(^^ゞ

Dsc08051

Dsc08052

Dsc08053
(Cyber-Shot  DSC-S40  field mode)

そうそう、向日葵に纏わるFlashで、
こういうの、有りますよっ♪
向日葵


| | Commentaires (6) | TrackBack (0)

女子十二楽坊 日本公演2006

今宵、富士市文化会館(ロゼシアター)で行われた
結成5周年記念 女子十二楽坊 日本公演2006
行って来ました~♪

会場に入る前、ツアー・トラックとか何か、無いかなー
って、('_' ) ( '_')したんですけどね、
何も無く、撮影もまま成らずで。(^^ゞ

で、コンサートそのものですが、

バックバンドの音を、
スタジオ録音の音で流すの、
ヤメて欲しい!

ってのが、本音。
本国のライブ・コンサートの模様を収めたDVDを観ると、
バック・バンドの代わりにMACが鎮座していて、
MACがバックバンドの音、奏でているけれど、
今夜の音は、はっきりと判るスタジオ録音の音。
これで、かなり減点です。

あと、中盤で、
同じ事務所の新人双子姉妹が登場したりして。
オイラ達はさー 女子十二楽坊を観に来ているんだぞー!
って、何処に向かって叫べばいいんじゃ?
アンケート用紙に、しっかりとその旨、書きました。
読まずに、破いて捨てちゃダメだぞー!(~_~;)

んで、肝心の女子十二楽坊。
メンバーが又、増えたんですねー(総計14人)
今宵の琵琶(ギターみたいな弦楽器)、いつものジャン・シュアンに代わり
シー・ジェエンが出演。
あと、二胡(弦楽器)は、
4人フォーメーションのところ、5人とも出演。
琴のジョウ・ジェンナンが演奏中、
やたらと髪の毛に手を触れていたのは、何故?(謎)

音外しも結構に有ったし、
何より、
リズムセクションのバックバンドが生では無いっ! て事が、
最大のマイナス要因。
アンコールでの曲も、見え見えだったけど、
でもやっぱ、最後の最後はあの曲でしょう。(^_-)
そう、「自由」でした。w

最後に、女子十二楽坊の公式サイトはこちら…
女子十二楽坊公式サイト

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

内輪

夏場の必需品、内輪。

夏のイベントでは、何かしらの内輪、
配っているでしょう。
この内輪も又、
先日の狩野川花火大会で配られていたもの。
キノコの絵がかわいい~♪って、
女子高生がきゃっきゃきゃっきゃ、言ってました。

Kinoko

こういう内輪を片手に、
もう片手には、飲み物を携えて、
夏の風物詩を、じっくりと堪能です。(^_-)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« juillet 2006 | Accueil | septembre 2006 »