« 靖国参拝論議 | Accueil | タッチ&ゴー »

河辺機関

もひとつの、秘められた戦後史。
河辺機関

15年戦争終了後、日本を統治していたGHQに
諜報活動を通じて協力した部隊、なんですよ。

そのメンバーたるや、終戦間際の旧軍の将校幹部。
かの、東京裁判で告訴を逃れた人達が、
その主たるメンバーなんですけどね。
活動内容たるや、不気味過ぎ。

GHQとの建前上、対ソ連諜報活動、対北朝鮮諜報活動
のハズなんだけれど、
軍資金の提供元は、何といってもGHQ。
どんな活動をしていたのか、不明です。

そっそ、朝鮮に展開していた関東軍731部隊の面々が、
東京裁判での告訴を逃れた事も、いろいろ不可思議ですけどね。
調べれば調べるほど、謎が謎を呼ぶ、終戦直後の動向。

河辺機関 の事は、この記事が信用大。
ググルと、まだまだいっぱい出てくるけど。(^^ゞ

|

« 靖国参拝論議 | Accueil | タッチ&ゴー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22019/11548709

Voici les sites qui parlent de 河辺機関:

« 靖国参拝論議 | Accueil | タッチ&ゴー »