« août 2006 | Accueil | octobre 2006 »

septembre 2006 posts

夜の公孫樹並木

薄ぼんやりとした、夜の公孫樹(イチョウ)並木です。

Dsc09271

で、この並木道には、今の時期、
食べ頃な銀杏がいっぱい♪

近所の人達が、袋を携え、
ひとつひとつ、歩道や根元に落ちた銀杏、
拾っていきます。
ふと見ると、袋一杯!

場所は、三島駅北口側。
文教町・並木通りです。
近所の方は、今すぐGo!(^_^)

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

丹波哲朗 追悼

9月24日午後11時27分、肺炎のため逝去された、丹波哲朗さん。
享年84歳だったんですね~

思えば、TV・Gメン75、大霊界シリーズ、二百三高地、等、
主役でも、脇役でも、はたまた、
リメイク版「日本沈没」に於ける写真出演など、
いろんな役で、スクリーンやTV上で活躍していた、ボス

芸能界の面々から、ボスと呼ばれ、
そのボスに相応しい、風格と気質とが有って、
スクリーンやTVのみならず、本の読者にも、
言い知れぬ好感を覚えさせてくれた人。

惜しい人を亡くしたワケですが、
丹波さんの言葉を借りれば、霊界は良い処だぞー

心から、ご冥福をお祈りいたします。

Photo

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

この木なんの木?

気になる木が、そこには有りました。(^^ゞ

公孫樹の木が一本、ぽつりと。

そして、その下には、銀杏がいっぱい…
Dsc09241

| | Commentaires (5) | TrackBack (0)

THE LAKE HOUSE

邦題では、イルマーレです。

以前から、
シネマでの予告やMoviePlusの予告編放映、観たりして、
コレ、良いぃ~って、
観たいぞぉ~虫が騒いでいた作品。
イルマーレ

ご存じの通り、原作は韓国版のイルマーレ。
(↓これです)
Il_mare

建前上、ハリウッド・リメイク版ですけどね、
細かいところは、韓国版のそれとは違うんです。
ラストも含め、いろいろとね。
観る前の期待度が異常に高かったもんで、
ちょと、期待外れって感も有るけど…(^^ゞ

だけどさー 例え愛しい人の為とはいえ、
過去を変えちゃうのは、ダメじゃない?
(ネタバレになっちゃう?)

The_lake_house

| | Commentaires (3) | TrackBack (1)

落書き

生涯学習センターの、屋外テーブルに書き込まれていた足跡。
落書き。

よく、トンネルの中で見掛けるものと違って、
ちょっと微笑ましいかも…(*^_^*)

Rakugaki

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

ファランドール

ビゼー作曲、組曲「アルルの女」の1曲です。

いえね、今さっき、CMでこの曲、流れていたもんで、
ついつい、懐かしく思えちゃって。(^^ゞ

ファランドール、小学生の頃だったかな。
市内の、学校対抗合奏コンクールでの自由曲。
学級担任が音楽の先生で、毎日毎日、
合奏コンクールの為の猛練習、させられました。

…って、今に成れば言えること。(^_^)
その頃は、音楽の授業でも、放課後でも、
ひたすら、練習だったし。なして?って思いが多々。
でも、これでクラスがまとまったのは、確かです。

そんな思い出のある、ファランドール。
今でも諳んじていますよ。
づづ☆彡の手掛けたパートだけは。(笑)

その内、ひょっこりと、mp3でお披露目するかも?

| | Commentaires (8) | TrackBack (1)

謎の生物~クレマチスの丘編

今夜ですね、最寄りの駅に置いてある自転車に、
なーんと、とんでもない珍客が居たんですよー

体長40cm位
太さ1cm位のヘビ。

こヤツです↓
Dsc09191

どうも、自転車のカゴに迷い込んだみたいで、
カゴの中、うろうろしていたんですね。(^^ゞ
で、(^^)♂♂ってしたら、
慌てふためいて、カゴから落ちちゃって、
ニョロニョロ、地べた這いずって、
行方、くらましちゃいました。(笑)

もしかして、今年初めて見た蛇だったかもー(^_^;)

(↓逃走前の、反撃か?)
Dsc09192

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

出口のない海

漢字検定の受験勉強もせず、こうして他のこと、してます。
ってか、息抜きよ。息抜き~♪(^^ゞ
って、ホント、試験は来月末だってのに、
こんなんで良いんだろうか?(。_゚☆\ベキバキ
それはそれ、置いといて…と。

横山秀夫さん原作に依る「出口のない海」、
観てきましたよー(^_^)
予告編を観たときから、観たいぞー♪ 絶対に観るぞー!
虫が騒いでいた、この作品。

「回天」の存在や、回天が開発された経緯は、
今まで読んできた本から、知ってはいたものの、
その裏には、訓練中での事故死。
いろんな理由から、神人に成れなかった人の苦悩。
観ている人が虚しくなること、多々です。
こと、終末は、ずーと心の何処かに引っ掛かっていて、
それが原作の狙いと言われればそうだけど、
心残りなこと、幾多。

竹内まりや作詞・作曲(編曲はダンナさま)に依る主題歌
「返信」もまた、心に強く残ります。

そうそう、劇中のピアノ曲は、
加羽沢美濃さんの作によるもの。
映画像に上手くマッチしていますよっ♪

Deguchi

| | Commentaires (5) | TrackBack (0)

秋の青空と雲の白

今朝の空、

秋を思わせる青空と、
やはり、秋を思わせる白い雲。

そんな秋空に面白い雲を見付けたもんで、
思わずPDAでパチリッ(^_^)

撮った画像を、ちょとイタズラしてみました。(微笑)
Sky09161

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

花の歌

クレマチスの丘に相応しく、
BGMも、グスタフ・ランゲの「花の歌」に変えました。

もうちょっと、ペダル効果を入れた方が良かったかも?
でも、こういう弾き方も有るってことで…(。_゚☆\ ベキバキ

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

ロースト麦芽

昨日、9/11は、
5年前にアメリカ同時多発テロ事件が起きた日。

ハイジャックされた
アメリカン航空11便、ユナイテッド航空175便、
アメリカン航空77便、ユナイテッド航空93便。
それぞれ、世界貿易センタービル、国防総省本庁に突入させ、
或いは、乗客の反逆が功を奏して、
ホワイトハウスへの突入だけは防いだものの、
膨大な被害をもたらした事件。


映画、「ユナイテッド93」や、
近日公開の「ワールド・トレード・センター」で、
その時の状況が再現されているワケですが…

何れもテーマとするところは、
日頃、一緒に生活している家族や、友人知人が、
ある日突然、死に追いやられる恐怖。

世界貿易センタービルの崩壊映像は、
5年を経た今でも、脳裏に焼き付いています。

そんなこんなを考えながら、
今宵、飲んでビールはこれ。
限定醸造 ロースト麦芽使用のビールです。
Honnama

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

山口・防府紀行

ちょっと突然な山口・防府へのお出かけだったもんで、
現地の事前調査、まま成らず。
まあ、こうして今、山口の人、しているワケでして。
道中、やれ、下関のフグを土産に!とか、
広島の牡蠣で良いぃ~♪とか、
勝手気ままに、リクエスト有り。(^_^;)
でもね~フグは許可書を持った人しか、
調理、出来ないんだぞ~
まして、此処は防府、下関じゃ無いっちゅ~に!

そんなワケで、お土産画像をいくつか。(微笑)

まずはこれ、新山口駅(旧・小郡駅)で見かけた、
一両編成のティーゼル車(JR山口線)
長閑さ、感じさせるでしょ?
「貴婦人」なるSLが走っている路線です。
Dsc09080

牡蠣は、晩飯を食べた処に有ったけれど、
牡蠣を食べると当たるづづ☆彡はコレ、食べました。
勿論、生ジョッキも有りね。(^_^)
Dsc09081

そして、朝飯は、
駅構内のパン屋さんで、モーニングセット。
左端のポテトは、別途オーダーです。(^_^;)
Dsc09082

そうそう、防府駅構内で、
ぶっかけうどん屋さん、見つけちゃいましたよ。
食べなかったケドね。(笑)
Dsc09083

復路、ひかりレールスター
「のぞみ」より、こっちの方が空いていて楽だし、
普通の「ひかり」より快適~♪
で、恒例の、旅のお供はこれ。(^_-)
Dsc09084

余りにもの快適さ故、前の人ったら、ぐっすり睡眠中(^_^)/
Dsc09085

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

男子誕生おめでとうございます♪

今朝、無事、第三子誕生となった、秋篠宮妃紀子さま。
男子の出産、おめでとうございます。

皇族の新たな誕生、
それが、男子・女子に拘らず、
誰しもが、心より喜んでいることでしょう。

こと、天皇陛下の喜びようはひとしお。
その声明文を読めば、一目瞭然です。

思えば、皇位継承問題で騒がれた去年来、
こと皇位継承に関して、幾重もの考え・思いが
有ったであろう、皇室の方々。

典範改正論が渦巻く中、三笠宮さまの私見もさることながら、
そう簡単には典範改正をさせるものか…
なる思いも、伝わってきそうな今回の男子誕生の経緯。

これで、典範改正論が完全に棚上げとは成らないでしょうが、
余り騒がてず、じっと、健やかに成長を見守るのが、
いち国民として出来る、ささやかなお祝い、でしょうね。

人々が笑みを湛へて見送りしこふのとり今空に羽ばたく
秋篠宮さまが今年の2月に詠んだ句です。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

穴の空いた缶ビール

今宵、帰り道、
いつものセブンでは無く、偶には酒屋さんに行こうかー
ってんで、道中にある酒屋さんに寄って、
缶ビール、仕入れてきたんですね。

で、その缶ビール、
店のおばちゃんに、ビニール袋に入れて貰って、
自転車のハンドルに引っかけて、家までGo!

…と、其処までは良かったんですよ。
家に着く寸前のところ、なぁーんと、
缶ビールの入った袋、下から破れて、
仕入れた缶ビール、地面の石っころに向かって強行軍!
強行着陸です。(ってか、自然落下?)

薄いアルミ缶の缶ビールは、小石との戦いに淡くも破れ、
横っ面に穴、空いちゃったんですねー
そこから、まだ飲んでいないビールがコクコクと流れ出して…

買ったづづ☆彡が飲むことなく、
その殆どを、大地に飲まれてしまった、今宵のビール(^_^;)
こヤツです。
Enjyuku

| | Commentaires (5) | TrackBack (0)

UDON

今年、最高に笑えて、楽しく愉快な、
でも、ちょっとシリアスなところも有る作品です。(^_^;)
観ていて、飽きさせないし。(上映134分!)

それに、出演者が愉快!
ユースケ・サンタマリア/小西真奈美
トータス松本(ウルフルズ)/升毅
片桐仁(ラーメンズ)/要潤/小日向文世
木場勝己/鈴木京香


讃岐うどん、そのメッカと成るのは香川県。
日本で一番小さい県だけど、目指すはUDONのメッカ!
って意気込みが、好きですねー

ローカルなタウン誌の企画から始まったUDONブームも、
ブームを越えて、いつかはホンモノの食べ物となる経緯。

自分の夢を、どこまでも何処までも追い掛けて、
夢を夢とはせず、現実化させていく姿。
エンドロールの最後が、それをしっかりと物語っています。

Udon

| | Commentaires (8) | TrackBack (0)

« août 2006 | Accueil | octobre 2006 »