« septembre 2006 | Accueil | novembre 2006 »

octobre 2006 posts

涙なみだの物語

お久しぶりでした。
ホント、幾日か振りのカキコで。(^^ゞ

えっと、まず、近況を。(。_゚☆\ ベキバキ

漢字検定試験日の前々日(つまり先週の金曜日)。
隣家のおばあちゃんが死去したってんで、
隣近所、わいのわいの、大騒ぎ。
やれ、お通夜だの告別式だのと、ドタバタしていました。

それに輪を掛けて、会社の方。
月末納期の品物に問題点が発覚!
木曜日から日曜日の深夜(ってか月曜の朝だけど)に掛けて、
こちらの方も、やいのやいの、遣ってました。

えっ…? 漢字検定の試験の方は? って。(^^ゞ
はいっ よくぞ聞いてくれました。
これがですねー 隣家ばあちゃんの告別式と見事にバッティング。
それに輪を掛けて、会社の方からは、
こっちのみぃーずはあーまいぞっ…と、魔の手が。(~_~;)

受験料、フイにしました。
受けられなかったんだよぉぉぉー!
Web上の模擬では、合格確実だったのに、無念。(~_~;)
うぅぅぅ~
こうなったら、飛び石受験、してやるぅぅぅー!

次回の試験、飛び石受験、します。(キッパリ)

つーことは、またまた、受験生の生活、するんか?(謎笑)

追伸;
 コメント返し、滞っています。\(__ ) ハンセィ
 昨日から一睡もしていないので、
 今宵はこれにて、寝ますねっ…(__).,oO


| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

牧水の歌

晩年を、沼津で過ごした若山牧水。

牧水の歌が、こういう形で碑となり、
歌われていました。

Dsc10221

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

地下鉄(メトロ)に乗って

地下鉄の駅を出たら、其処は昭和39年の東京だった…
そういうタイムスリップから始まる「地下鉄に乗って

平成の現代から昭和39年、昭和21年、終戦直後、
終戦末期の満州、そして戦時中と、
めまぐるしくタイムスリップするワケで、
ぐるぐるぐるぐる、地下鉄の景色も相まって、
目が回ります。(^^ゞ

それでも、終盤のタイムスリップでは、
成る程ね~と頷かせるもの。
目をしっかりと見開いて、
時代の流れを頭の中で整理しながら、見ましょうね。

ネタバレ注意警報、発令かも?(謎笑)

Metro

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

謎の生物2~クレマチスの丘編

空を見上げたら、
怪しげな生物、見付けちゃいました。
コヤツ…
Dsc10152

おっ…お前は何者ぞー!
と叫ぶ間もなく…

Dsc10153

カラスくんは、
こうして飛び立っていったのです。(^_^;)

| | Commentaires (5) | TrackBack (0)

カウントダウン

いよいよ、残すとこ、あと2週間となりました。

全国津々浦々の、漢検受検者のみなさま、
勉強、捗っていますかー?(^^ゞ
ヤマを掛けたくても掛けようの無い、漢字検定。
づづ☆彡は、配点の高い書き取りに、
その精力を注いでいるけど…(コレって結局、ヤマ掛けじゃんけ)

で、今日も生涯学習センターの自習室に籠もって、
せっせと書き取りのお勉強。
じゅかれたよ…
普段、遣り慣れないことするのって…(~_~;)

そういう意味で、学生達ってエライねー
2時間も3時間も、ずーと座って、せっせと受験勉強。
見習わなきゃ(^_^;)

で、そんな疲れを癒すための一冊、序でに借りてきました。
この本。
Dsc10151
月に関する七不思議(ちーとも不思議じゃ無いけど)
科学的に解き明かしてくれる、本です。
読むと、夢、無くなっちゃうかも。(謎笑)
(ISBN4-416-20621-6 誠文堂新光社 刊)

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

将軍様

某国には、「将軍様」と呼ばれ、崇められている人が居る。

その将軍様が、昨日(10/9)、
とんでも無いことを決行させた。

自国の存亡に関わるとか何とか、
如何にもって感じの、最もらしい演説をして、
世界各国を敵に回した。

敵に回すと言うより、
自ら茅の外に飛び出たってのが、正解かも知れない。

核拡散条例、なんのその。
国連憲章、なんのその。
テロ国家と言われる所以が、そこに有るかも知れない。

水戸の黄門様がこの世に生きていたならば、
きっと、こう言ったに違いない。

「助さん、格さん、懲らしめてやりなさい」

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

黄昏

Tasogare

黄昏時の波間

どんな色を付けますか?

それとも、色付けは不要ですか?


| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

一日遅れの…

名月です。

夜空の神が、願いを叶えてくれました~(^O^)
Dsc10071

月のウサギ、見えるかなー(^^ゞ
Dsc10072

(画像をクリックすると、元の大きさ?に戻ります)

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

日は沈み陽は昇る

eve_sea

雲の狭間に 陽は舞い込み

辺り一面 太陽のオレンジ

海辺に踊る 太陽もまた

明日を夢見て 今日を信じて

風の歌を 口ずさむ 黄昏時

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

雨の夜の中秋の名月

しっかりと雨、降っていますね~(~_~;)


今日、十月六日は中秋の名月。
でも、夜空を見上げても、
そこに見えるのは、どんよりとした雨雲。
まん丸いお月さんは、その雲に隠れ、
正しく、雲隠れ~(^_^;)


月のウサギさん、きっとびしょ濡れ?
餅つきは、また来年です。


雨男、雨女のみなさま、
来年は雨、降らせないでくださいねっ(^_^)v

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

秋の日のつるべ落とし

Sunset

こういう光景も、言うのかも知れません。
「秋の日のつるべ落とし」

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

涙そうそう

泣いても、泣いても
溢れ出す、君への想い…

のキャッチによる、涙そうそう

沖縄の那覇を舞台とした映画ですが、
何処かしら、横須賀っぽい雰囲気が有ったり、
でも、南国・沖縄の香りがしたりと、
題名の割には、さっぱり系の映画。
涙腺の弱さには自信の有る人?にも、お薦めです。(^_-)

劇中、やたら、「にーにー」ってコトバが登場して、
でも、このにーにーって呼び方が、
とーっても、愛おしく感じられて、よかと。

沖縄の言葉が盛り沢山登場するのかなー
って、懸念も有ったけれど、
そうは、意味不明な沖縄言葉は登場せず、
解りやすい言葉で、劇中、物語は進行していきます。

そうそう、
終盤の、島のおばあちゃんの言葉、
良いですよ~(^_^)
沖縄の歴史、思わず、脳裏を掠めてしまった。
そうなんだよねー 太平洋戦争中、
ここ沖縄からも、沢山の人が出兵したのでした。
そして、南の海に散ってしまって…
おばあちゃんが乙女の頃?の想いは、そのまま、

カオルにも、伝搬したって感じで。(^^ゞ

にーにーが何故、鼻を摘んでいるのかは、
シネマを観てのお楽しみってことで。(。_゚☆\
Namida

  ↑ 鼻を摘んでいる、にーにー

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

エリック・クラプトン

これ、誰だか判りますか?
そう、往年のエリック・クラプトン!

Dsc1003

クラプトンと言えばヤードバーズが著名ですけどね、
づづ☆彡的には、クリームに於けるクラプトンの活動。

そのクラプトンが、日本公演、遣るんですよ。
このポスターは名古屋公演のものだけど、
ここからだったら、東京だよなー(^_^)

…あっ、づづ☆彡は行きませんよ。(。_゚☆\

| | Commentaires (0) | TrackBack (1)

秋雨

雨ですね。
昨日も今日も。(^^ゞ

江戸時代の川柳に、こういうのが有るそうです。

同じ字を 雨(あめ)雨(さめ)雨(だれ)と 雨(ぐれ)て読み

同じ雨でも、春雨、五月雨、時雨と書いた時の、
それぞれの読みを、川柳に表したもの。
江戸時代の其れらしく、ちょっと乙な言い回しです。(^_^)

今日の雨は、秋雨。
づづ☆彡的には、これ、(あきあめ)って読んでますよ。(微笑)

そうそう、10/1日は「展望の日」とか。なして?

| | Commentaires (5) | TrackBack (0)

« septembre 2006 | Accueil | novembre 2006 »