« 漢字検定・試験問題漏洩事件 | Accueil | デスノート the Last name »

父親たちの星条旗

世界が忘れてはいけない島がある…
のキャッチフレーズで始まる、この作品。

クリント・イーストウッド監督に依る太平洋戦争末期の、
硫黄島での激戦を題材にした映画。
二部構成の前半は、米国側から観た、硫黄島です。

戦争映画に付き物の、善と悪。
人のこころとして、善と悪の間に挟まれ、
揺れ動いて、苦悩の末、どちらかを選択するって筋。
彼らも、散々、苦悩する日々を送ったんですよ。
例え、勝利したと言っても。

12月初旬に公開される後編は、日本側から観た硫黄島。
玉砕に至までの人間模様。きっと見せるんでしょうね。

Iwojima

|

« 漢字検定・試験問題漏洩事件 | Accueil | デスノート the Last name »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Commentaires

硫黄島からの手紙も見たいと思っています。

Rédigé par: 雪虫の伝説 | le 04/11/2006 à 18:39

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22019/12543968

Voici les sites qui parlent de 父親たちの星条旗:

« 漢字検定・試験問題漏洩事件 | Accueil | デスノート the Last name »