« 街中のイルミネーション | Accueil | 列車遅延証明書 »

硫黄島からの手紙

世界が忘れてはいけない島がある。
…のキャッチコピー。

太平洋戦争に於いて、この硫黄島攻防戦は、
日本本土最後の砦。
日米とも、総力戦のハズでした。

此処が破られたら、日本は絶対防衛戦が突破される。
此処を破れば、日本固有の領土を占拠した事になる。

日米、双方にとって、
とても意味の有る攻防戦だった訳です。

史歴は、置いておいて…

その、硫黄島攻防戦で戦った多くの兵士達。
家族、両親、兄弟、友人、
それぞれへの思いを、それぞれに秘めて、
守る側も、攻める側も、
祖国に居る肉親への思いは同じだということ。

いろんなエピソードも交えた、それらの手紙は、
何れも同じ思いが込められていました。

前編より、こちら後編の方が良かったかも♪
Iwo_jima

|

« 街中のイルミネーション | Accueil | 列車遅延証明書 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22019/13072999

Voici les sites qui parlent de 硫黄島からの手紙:

« 街中のイルミネーション | Accueil | 列車遅延証明書 »