« Mステ | Accueil | 畦(^_^;) »

俺は、君のためにこそ死ににいく

ちょと、長い題名ですけど、
この作品、
東京都知事でも有る石原慎太郎さんが総指揮をし、
脚本を書き下ろしているんですよね。
そういう話題性もあって、見たかった作品。

鹿児島の
知覧」と言うと、づづ☆彡的にはどうしても、
かの、神風特攻隊の基地が有った場所…の思いが有って。
この
知覧に付いては、Webのリングでリンクを張っている
雪虫の伝説さんのblogで、以前に紹介されていたワケですが。

片道切符の、特攻出撃。
死にゆくだけであって、生還は許されない。
その中にあって、生きて戻って来た元特攻兵。
特攻崩れと、当時は言ったものの、
そこは、やはり、
意味があって、生を受けたもの。
何らかの特別な試練を、課せられたのでしょうね。

漂う蛍の光をみると、その思いに駆られそうで…(^_^)
Chiran1945

|

« Mステ | Accueil | 畦(^_^;) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Commentaires

公式サイトを観て中3の息子にも見せたいと思い
この映画、修学旅行の代替の平日休み親子で観てきました(^-^;)
現代っ子には想像も出来ない事だと思いますが息子に「どう? 志願する?」と鑑賞終了後に問いかけてみました
すぐさま首を横に振りました
自分からの逃げに死を簡単に選ぶ現代の人々
愛する人の為に死にゆく当時の若者達
時代が変わると人間の精神、気持ちも変わってしまうのでしょうか・・・

Rédigé par: piko | le 04/06/2007 à 08:00

ご紹介ありがとうございます。

知覧の街にはこの映画のポスターや看板がたくさんありました。

記念館にいくと胸がつぶれる思いがします。とくに息子を送り出す母親の像に涙がでます。
風化させてはいけない・・忘れ去ってしまってはならない歴史だと思っています。

Rédigé par: 雪虫の伝説 | le 04/06/2007 à 20:48

石原氏の監修での映画
凄く
良い作品に仕上がっているとのことですね
見たいです、

Rédigé par: ryuji_s1 | le 08/06/2007 à 09:31

>pikoさん♪
特攻隊は、劇中でも紹介されていたけれど、
志願という名の命令、なんですよねー
故に、酷すぎる。
若くして南の海に散っていった、多くの若い命。
今年も又、ホタルとなって、
皆の前に現れるんでしょうね。
きっと。(^_^)


>雪虫の伝説さん♪
映画の中では、食堂のおばさんがかなり際だっていたんですが、
思えば、
我が子のように親身になって接した青年たちが、
ひとり、またひとりと、
二度と戻らぬ南の空へ旅立っていく時、
胸中、察しますよね。

石原慎太郎さんが、そのおばさんに生前、
聞いた話を元にして脚本を書き出したってところ。
史実として風化させては成らない想い、
同感です。


>ryuji_s1さん♪
未だ見ていないのなら、是非是非、
見てください。
そして、
若くして南の海に散った若者が居るってこと、
忘れないでください…ね。

Rédigé par: づづ☆彡 | le 10/06/2007 à 22:09

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22019/15305193

Voici les sites qui parlent de 俺は、君のためにこそ死ににいく:

« Mステ | Accueil | 畦(^_^;) »