« 遠いあの夏の日 | Accueil | 長泉わくわく祭り »

伊豆の国~きにゃんね大仁夏祭り

. 
打ち上げ花火数は、静岡県東部地方最大級の12000発sign01
同じ打ち上げ規模の伊東・按針祭海の花火(13000発)とは違って、
こっちは狩野川河川敷で打ち上げる為、
あっちを(・・)(・・)キョロ、こっちを(((‥ )( ‥)))
しなくても良いってメリットが(^_^)
. 
ってか、train駅から打ち上げ場まで近いから、
長い距離、テクテク歩かなくても良いんですよup
リハビリ中の患足には、こっちの方が重要で(^_-)
. 
その大仁夏祭り花火、こんなん感じでした~note
P1830213
…ってかさ、
煙に隠れて見えないぢゃんsweat02(;^_^A
P1830214
. 
せっかくの尺玉(5号玉)も、煙に巻かれてゴホンゴホンcoldsweats02
三脚に望遠+camera1レフを構えていた人達も、
早々に諦め顔で引き上げちゃったしぃ~sweat01
P1830225
. 
撮影ポイントの河川敷堤防から引き上げて、
暫し花火を見入っちゃいましたhappy01
P1830194
. 
花火画は散々だけど、これ、今宵の最高傑作かもsign02
題して「花火を撮る男」(^_^;)
P1830170
. 
こうなると、8/10開催の伊東・按針祭海の花火に期待ですnote
ってかさ、やはり、
カメラcameraで撮るより、じっくり生花火を見たいかも(。_・☆\
. 
. 
All photes by ZuZu with LUMIX DMC-LX1 (PA mode, ISO 200)

|

« 遠いあの夏の日 | Accueil | 長泉わくわく祭り »

クレマチスの丘」カテゴリの記事

Commentaires

すごいです。何がすごいってこんなにきれいに写真に撮られる貴方の腕がすごいです。

きにゃんね・・って何ですか。

Rédigé par: 雪虫の伝説 | le 02/08/2008 à 02:44

loveletterつづ☆彡さん・おはよう♪

花火綺麗に撮れていますねhappy01
腕がいい・・・素晴らしいですheart04

Rédigé par: syou | le 02/08/2008 à 08:36

づづ☆彡さん こんばんは~★

花火!迫力がありますね~!たぁ~まや~(^▽^*)丿
こちらでも安倍川花火のときは途中で風が止まっちゃってね、、、煙で見えなくなる場面が30分ほど続いたんですよ。
こればかりはしょうがないみたい。。。
「花火を撮る男」花火の前のシルエットがとてもいいです。scissors

8/10の伊東の花火は事務所の先輩も行くと言っていましたよ。
楽しんできてね~♪

Rédigé par: びび | le 02/08/2008 à 23:18

>雪虫の伝説さん♪
「きにゃんね」って言うのは、大仁地区独自の言葉で、
「ようこそ・いらっしゃい」を意味します。
ってか、この言葉、
同じ田方沿線の三島じゃ使わないけれどcoldsweats01


>syouさん♪
花火大会で無風って状態、ホント不運ですよ。
以前、横浜海上花火大会を見た時も、正しく無風で、
海上一面が煙りだらけになっちゃったもんで、
みんな諦め顔でゾロゾロ退散down
適度な風って、花火には必要なんですね~

河川敷対岸のR136側でcamera撮って居た人は、
それでも、そこそこ良かったみたい。
生の花火を堪能出来たから、それだけでもヨシupです。


>びびさん♪
安部川も無風状態とは、ちょっと無念coldsweats01
風乞いの儀式、皆して遣らなきゃダメかもsign02

尺玉、ホント良いですよね~note
小綺麗に上がるスターマインも華やかで良いけれど、
1発1発がしゅるしゅるしゅる…って音を放ちながら、
空中で炸裂する尺玉、
こっちの方が好みnote
cameraで狙う本命も尺玉なワケでしてhappy01

びびさんち事務所の人も、伊東・按針祭に出没sign02
ナイアガラ目的ならば、宇佐美側から対岸を望む、
海上花火目的ならば、砂浜中央がポイントですhappy01

Rédigé par: づづ☆彡 | le 03/08/2008 à 08:12

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22019/42033992

Voici les sites qui parlent de 伊豆の国~きにゃんね大仁夏祭り:

« 遠いあの夏の日 | Accueil | 長泉わくわく祭り »