« なぁーんだ おみゃ? | Accueil | バスは休日運行 »

映像文化フォーラムⅣ

映像文化フォーラムⅣが、土曜日、静岡グランシップで開かれました♪

今回は、別所哲也さんがメインキャストとなって、
主にショート映画の数々を紹介。
ショート映画ってのは、だいたい3分から、長くても12分ぐらいの短編映画。
劇場公開の120分ものと違って、起承転結がないけれど、
ワンポイントがどこかしこに有って、それが楽しいし、観ることの魅力。
映画のエッセンスが、短い中に凝縮されているって感じ(^_^)

今回、紹介されたショート作品5本の中では、
Gleeって作品が、づづ☆彡的にはお気にいり~♪
3分ちょいの作品にも関わらず、
ラブロマンス的なところあり、コメデーあり、ミュージカルありで(^_^)
白黒の映像から始まって、花束だけが色を添えて、最後は天然色?
たまぁーに、この手の映像作品を観ると、ちょっと新鮮です♪

ほか、
ペットショップに、少年がなけなしのこずかいを持って買いに来る作品。
少年が選んだ子犬は、先天性の関節症の小犬で、
店主いわく「その小犬とは一緒に走ることができないんだよ」
との声に続いて、その少年の足が初めて映し出され、
「走れなくてもいいです。友達になれれば」と…(^^ゞ
そう、その少年も、片足が義足。
最低価格の$22に足りない手持ちの貯金を差し出して、
「足りない分は、毎月$2ずつ、払いますから」って。
小犬を抱えて店を出る少年を、慈愛の眼差しで見つめる店主。
敢えて「不足の代金は要らないんだよ!」と、台詞として言わせないところ、
脚本が見事でした。ニクイ演出!!

こういうショートな映画、
別所さんが横浜みなとみらい21で経営するショートショート館で観られます。
映画も、長編大作より、こういう小粋な作品が良いかも♪

そそ、別所さんは静岡の出身なんですよ~(^^)
ちょい出演デビュー作の「アブデカ」では、
同じく静岡出身の柴田恭平さんに可愛がられたかも?

フォーラムのゲストは、脚本家の小山薫堂さんでした(^_^)

Ca398604
(グランシップ 中ホール2F入り口)

      

|

« なぁーんだ おみゃ? | Accueil | バスは休日運行 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22019/43200387

Voici les sites qui parlent de 映像文化フォーラムⅣ:

« なぁーんだ おみゃ? | Accueil | バスは休日運行 »