« novembre 2009 | Accueil | janvier 2010 »

décembre 2009 posts

ゆく年・くる年

2009年も、いよいよ最終日。大晦日となりました~(;^_^A

  

まだまだ、runドタバタしている大晦日。
ゆっくり年越し蕎麦noodleを食べられるのは、何時のことか?
あっ…毎年、年越し蕎麦、食べてますよ。
これを食べないと、年を越すんだ!!! って実感、得られないし…(。_・☆\

  

外では、西からの風がtyphoonびゅーびゅー吹き荒れ、
電線が呻っているけれど、
ドタバタ騒ぐのは、ニンゲンだけじゃ無いってことかも?(謎)

  

今年一年、みんなはどんな年でしたか?

終わり良ければすべてヨシ!!!

来年はもっと良い年になるよう、祈って(^_-)

  
  
  

今年最後の画は、河原に佇む蒼鷺。

追い掛けても追い掛けても、直ぐに飛び去ってしまうヤツ。
走ってばかりいないで、時には立ち止まることも必要なんですね。
佇んで、我を顧みる。
年越し蕎麦を食べながら、今年一年を振り返りましょうか?

それでは、良いお年を~♪

Pc9190415s_2

E-510 & ZUIKO ED 70-300

 

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

仕事納め

でした~(^_^)

これで、2009年もやっと終わったって感じ。(^_^;)\(・_・) オイオイ
なーんか、あっと言う間に過ぎ去った2009年って感じもするけれど、
今年一年、振り返って、
はて、何をしたんだろうーsweat02
って、自分ながら振り返ってみたりしてthink

  

てか、普段の年と余り変わらないような気もするけれど、
写真撮りに励んだ一年だったかも。
こと、飛翔する鳥と、クレマチスの丘の様子は、今年、頑張ったsign02

元旦の初日の出、今年も又、箱根山頂へ撮りに行くつもりだけれど、
今年はどんな風に撮ろうかと、今から思案中~(;^_^A…

  

そそ、2010年元旦の早朝、部分月食だとか。
丁度、満月となる元旦。
部分月食とはいえ、初日の出を拝む前の部分月食、
こちらもオイシイかも~(^^ゞ (食の最大は、04:23頃)

100101

  
  
  

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

  
  

年の瀬も迫った12月29日の夕刻、
納会も終わり、会社帰りにふと見た富士山と西の空は、
こんなんでした~(^_^)

P10790124s  
train車窓から見えた富士が、夕陽を浴びてすんごいキレイだったから、
電車を降りdash、直ぐにコンデジcameraで撮ったけれど、
既に夕陽が落ちちゃって…sweat01
目の前を横切る送電線も、ちょっとおジャマだし~(^^ゞ

   
   

てくてく、家路を急ぐ途中、ふと振り返ったら、
西の空が、こんなん、色づいていました~♪

P10790127s   

中央下の微かなひこーき雲、見えるかな?

これなら、明日もきっとsun!?
(太平洋側が晴天だと、日本海側、荒れるんだよなー)

  

  
ZuZu took these photographs using LUMiX DMC-LX1
  
  

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

蒼鷺の石渡飛び~パタパタ画風

 

先日の蒼鷺が、どうやらこの川辺を陣地としているようで、
小鷺相手にじぃ~っと待っていたら、ひょいっと現れました~note

  

そんな蒼鷺くんの、石渡遊び。
川の石の上を、ぴょんぴょん・バタバタ、飛び渡って、
ちょっと川辺で水遊び~(謎)

その一部始終を、パタパタ画風にまとめてみました。
ちょと、枚数が多いけれど…(;^_^A

  

Pc9270146s   
何処となく、バタバタバタと舞い降りてきた、蒼鷺くん。

  
  
  

Pc9270147s   

  
  
  
  

Pc9270153s   
川の、岩の上に佇んで…
のほほーんと日向ぼっこ?

  
  
  

Pc9270155s   
と思ったら、いきなりひょいっと飛び上がって、

  
  
  
  

Pc9270156s   
ちょっとだけ、バタバタバタ、
宙を舞ったと思ったら、

  
  
  

Pc9270157s   
岩の上に、又ひょいと降りたって

  
  
  
  

Pc9270183s   
んっ?
誰か、おいらのこと、呼んだ?

  
  
  

Pc9270187s   
声のした方に向かって、川の中を、ざぶざぶと
(左手には、小鷺が居たんよ)

  
  
  

Pc9270189s   
えぇぇぇ~い、めんどくせぇ~
ってんで、バタバタと飛び上がって

  
  
  

Pc9270190s   
また、ひょいっと降り立つ。

  
  
  
  

Pc9270191s   
おぉぉぉ~い、小鷺よー
なんか、よーあるんかぁぁぁ~?

  
  
  

Pc9270195s   
アイツ、ちぃ~と、脅かしてやっか(^_-)

  
  
  
  

Pc9270196s   
ホップ・ステップ…

  
  
  
  

Pc9270197s   
ちっ…
アイツ、ビビってやんの

  
  
  

Pc9270198s   
じゃ、こうして、
せぇ~のぉー

  
  

Pc9270199s   
あーらよっと(^_^)

  
  
  
  

Pc9270200s   
あいつ、まだビクビクしてやんの。
んじゃ、一気に行くかぁー

  
  
  

Pc9270204s   
ホップ!

  
  
  
  

Pc9270205s   
ステップ!!

  
  
  

Pc9270206s   
ジャーンプ!!!

  
  
  
  

Pc9270207s   
ほほぃ~い♪

  
  
  
  

Pc9270221s   
よぉよぉ、小鷺、どうだった?
オイラの華麗な舞い?

(近寄ってきた蒼鷺に怯えて、小鷺は背後の堤防の岩伝いに、てくてく逃亡中…)

  
  
  

Pc9270222s   
おっと、あっちに変なヤツが居るぞぉー
てか、いきなり向かってくるなっちゅーに !!!)  

  
  
  

Pc9270238s   
よお、まいどー
めっちゃキレイに撮れよっ !!!

コイツ、関西出身の蒼鷺か?

  
  
  

Pc9270251s   
じゃあな、またなー
あーばよ~

  

てなワケで、近くまで寄ったら、バタバタバタと飛び去ってしまいました。

  
  

※番外編

Pc9270219s

蒼鷺くんと小鷺くんとのツーショット。
何故が、小鷺くん、
蒼鷺くんを避けて、堤防の石の上をてくてくと…(^^ゞ
(さっきの脅しで、しっかりと怯えているしぃ)

  
  

ZuZu took these photographs using E-510 & ZUIKO ED 70-300
  
  

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

伊豆に伝わる十二支の話~猫が十二支に居ないワケ

日本各地、似たような十二支の民話が伝えられていますが、
伊豆の地では、こんなん感じです。

 
 

むきゃーし昔のある年の瀬のこと、神様が動物たちにお触れを出したんだとさ。

元日の日、新年の挨拶をしにワシんとこへ来い。
 一番早く来たヤツから十二番目のヤツまで、挨拶の順にそれぞれ一年の間、
 動物の大将にしてやらあ

  

動物たちは、それぞれが、オイラが一番乗りだ!と気張って、元日が来るのを待った。
ところが、気紛れな猫は、
神様の処に行く日を忘れちまったもんで、身近に居たねずみに訊くと、
賢いねずみはワザと、一日遅い日を教えてやったワケよ。
猫は、ねずみの言葉を間に受けて、喜んで帰っていったんだと。

さて、その元日になると、
図体のでかい牛んべーは
「オイラは歩くのが遅いからよぉ、一足早く出かけるっきゃ」と、
夜のうちから支度をし、夜も明けぬうちに出発したんよ。
牛小屋の天井でこれを見ていたねずみは、ピョーンと牛の背中に飛び乗りおった。
そんなこととは知らず、牛んべーが神様の御殿に近付いてみると、まだ誰も来ていない。
 
牛んべーは、「オイラが一番!」と喜び待つうちに、御殿の門がすーと開いた。
とたん、牛んべーの背中からひょいとねずみが飛び降り、
チョロチョロっと走りよって、ねずみのヤツが一番になっちまったわけよ。
そんで、牛んべーは二番。
それから虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪の順で着いたんだとさ。

猫のヤツは、一日遅れで行ったもんだから、番外で仲間に入れなかった。
そんで、ねずみを恨んで、今でもねずみを追い回しているっちゅーことよ。

 
 

他にも、遅れてきた猫が神様に、
「さっきまで寝ていたんだろう。顔を洗って出直して来い!」と怒られた為、
以来、猫が顔を洗うようになったとか。

猫が、お釈迦様の薬を取りに行ったねずみを食べてしまった為、
十二支に入れてもらえなかった。
などなど、いろいろとあるようで。(^^ゞ

 
 

虎の年の年賀状に、トラ画では無くネコの画を入れるってのは、
こういう経緯も有っての事かも(^_^)
※同じネコ科の動物だからっ…てこじつけも有るようで.(;^_^A

 

Pc9190376s

 

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

のだめカンタービレ 最終楽章 前編

TVシリーズでのその後を映画化した、この作品。

TVシリーズ最終回では、
千秋先輩が、プラティニ国際音楽コンクールで優勝したところまで。
ここから先の物語が、映画化の前編となるワケ。
 
TVシリーズ同様、クラッシックな曲がいーっぱい奏でられるけれど、
その都度、何故か曲の解説が入るから(曲の背景を語る)
良いお勉強になるんじゃ?
 

定演で、ルー・マルレ・オーケストラが奏でた曲「序曲1812年」が
と~っても良かった! (^_-)
他、聴き応えのある曲、いっぱい有りますよ~♪
 
来春、公開予定の後編が、今から楽しみで楽しみで(^_^)
 
Photo

(C)2009 フジテレビ・講談社・アミューズ・東宝・FNS27社

 

| | Commentaires (0) | TrackBack (1)

冬至でした(^_^;)

12月22日は、冬至でした。

一年で最も陽が短い日。
ゆずを浮かべた風呂に入ると、風邪をひかないと云われる「ゆず湯

温泉の地、伊豆でも、
あちゃこちゃの温泉場でゆず湯だったみたいで。
そんなゆず湯、入りたかった~(^^ゞ
ゆず湯の語源には、「融通が利く、冬至=湯治」の語呂合わせ説も有って、
なーんか、いろいろ。

冬至の日に、カボチャを食べて金運を祈ったり
(カボチャを南瓜と書いて、"なんきん"と読めるでしょ?)

小豆(あずき)を使った冬至粥を食して邪気を祓い、運気を呼び込んだり。
(小豆の赤は邪気を祓うと云われている)

こういうのも、奥深いニホンジンの知恵、なのかも(o^-^o)

 

そんな、冬至翌朝の富士は、朝焼けに染まっていました~♪

P19070069s   

  
  

田圃の畦道には、霜で白くなった草木や土。
吐く息も白くて、一面、真っ白sign02

P19070074s  

もうすぐ、Christmas sign03
今夜あたり、あちゃこちゃで大賑わいかも?

  
  

ZuZu took these photographs using LUMiX DMC-LX1

  

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

キャンドルナイト みしま 2009

12月19日、
三島エコセンター(旧三島測候所)で催されたキャンドルナイトの様子です。

この日、朝から西風がビュービュー吹き荒れていて、
こんだけ風が強くて、蝋燭の灯火、だいじょーぶ?って、
気が気じゃ無かったけれど、なんとか灯火も灯って♪

総数千数百本の廃油キャンドルは、こうして並べられていたのでした。(^_-)

Pc9191009s   
蝋燭を並べて、「STOP CO2 みしま」と表した、ステージ前。

  

Pc9190312s    

   

夕陽が落ちてから、1本1本、キャンドルに点火 !!!

西風が吹き荒ぶたびに、何本かの灯火が消えたりしたけれど、
だんだん、キャンドルナイトっぽくなってきました。

Pc9190023s   

  
  
  
  

Pc9190058s   

  
  
  
  

Pc9190060s   

  
  
  
  

Pc9190053s   

  
  
  
  

Pc9190092s

  
  
  
  

Pc9190071s

  
  
  

ステージ上では、アコースティックコンサートも行われて、
ほのぼのとした夜の始まり~(^_^)

Pc9190088s   

  
  

いろーんなキャンドルの灯火が、西風に吹かれて、
ゆらゆらゆーらゆら、灯っていました。(^_^)

Pc9190029s   

  
  
  
  

Pc9190034s   

  
  
  
  

Pc9190049s   

  
  
  
  

Pc9190056s   
公孫樹の葉を形取った、キャンドル(とのこと(;^_^A )

  
  
  

Pc9190063s   

  
  
  
  

Pc9190064s   

  
  
  
  

Pc9190065s   
クリスマスツリー みたい?

  
  
  

Pc9190101s

  
  
  
  
  

Pc9190103s   
テーブルに並べられたこれらキャンドル、
光軸がキレイ~♪

  
  

Pc9190114s   
ガラスの中で、ゆらゆら揺れて、映って、
ほのぼのとする蝋燭の灯火。

でもさ…西風がちょっと寒すぎ~(^_^;)

  
    

ZuZu took these photographs using E-510 & ZUIKO ED 14-42, ZUIKO ED 40-150
  
  

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

侮れない冬山登山~冬の富士山

  

元F1ドライバーで冒険家の、片山右京さんらのパーティーが遭難した騒ぎで、
ここ数日、騒がしかった富士山。

先日からの寒波で、麓ですら海からの西風がビュービュー
富士山頂近くでは、さぞかしすんごい強風。

そんな中、七合目でビバークしたのは、やはり、無謀だったのかも。
Web上でも賛否両論だけど、
麓から毎日、富士山を見上げる身としては、そう思えた今回の遭難事故。

  
  

普段は、こうして、綺麗な勇姿を見せてくれる富士山だけど…
Pc9190333s (片山右京さんらが遭難したと伝えられた翌日、12月19朝に撮影)

  
  

この朝も、麓では西からの強風が吹き荒れていて、
よーく見ると、積もった雪が吹き飛ばされているの、判るでしょう?

  

Pc9190332s  
35mm換算600mm相当のZOOMで、思いっきり引き寄せた富士山頂の姿。
いくつもの登山道が雪で覆われているのが、判ると思うけれど…

  

これから、年末年始に掛けて、
ご来光登山と称して、この冬の富士山へ登る人、かなり居るけれど、
富士山とて、3000mを超える冬山だってこと、忘れないで欲しい。
寒冷前線の位置によっては、山頂付近はすんごい強風が吹き荒れるってこと、
忘れないで欲しい。

  

今回の遭難事故。テントが強風に吹き飛ばされ、滑落して亡くなった
宇佐美栄一さんと堀川俊男さんのご冥福を、お祈り致します。

  
  

ZuZu took these photographs using E-510 & ZUIKO ED 70-300
 

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

小沢クンと天皇特例会見

 

先日の、中国・習近平国家副主席の天皇陛下との会見騒ぎ。

あれって、素人見、やっぱ小沢クンの論理の方がおかしいよ。
立法化されていない内規とは言え、
原則1ヵ月前までに、宮内庁の了承を得るってところ、
数日前になって強引に会見の段取りをさせてさ。

 

今まで、どの国の首相とて、
原則1ヵ月前迄には事前承諾を得ていたにも関わず、なして中国だけ特例?
傍目、特例としか言いようの無い強引さもさることながら、
その前に、総勢100名を越す大訪問団を引き連れての訪中。
軸足を完全に中国へ向け、来日に当たっては特別会見のごり押し。
小沢クンが何を言おうと、民間人の目にはそう見えるけどさ。

宮内庁長官の声明は、ちょっと大人気なかったけど、
それだけ圧力を掛けたって、証じゃない?
鳩山クンの逆転決定も、押し切られた挙げ句って感じもするし。

それ以上に、
前原誠司国土交通相の
元首相、自民党の方から要請が首相官邸に届いた」なんちゅう珍声明は、
正に『顧みて他を言う』かも。
内閣支持率、これでまた、ぐっと下がるんだろうな、きっと。

 

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

酒処・酔い処

  

この時期、巷では忘年会と称して、
夜ともなれば、飲んで騒いでの忘年会。

Ca9391085ss

  

以前ほど、忘年会の梯子って揶揄されるほどせず、
その機会は少なくなったけれど。(^^ゞ

それでも、これから仕事納めの日まで、
何回もの忘年会、こなさなくちゃならないって人、いっぱい居るだろうけれど、
飲み過ぎ・食べ過ぎには、ご用心 !!!
胃腸肝臓、ちょっとは労りましょうね~(^_^;)

  

そういう自分自身、今週末も又、忘年会ですよ(;^_^A
ふぅ~coldsweats01

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

木登りサンタさん(^_-)

クリスマスまで、いよいよカウンドダウンとなった12月の日。

  

当夜、遠く北欧の国からトナカイの引くソリに乗り、
世界中にプレゼントを届けるサンタさんは、
せせらぎの川辺で、こうしてトレーニングsign03
木登りの練習も、していました。

Pc9120277s

  
  

屋根までよじ登ったり、煙突を上り下りしたり、
みんなの元へプレゼントを届けるサンタさんも、大変なんだなーっと(^_-)

  
  

Pc9120280s   

普段はこうして、皆の目に触れないよう、
こっそりと、木登りトレーニング、しているんですよっ(^_^)

  
   

恒例の、サンタ追跡プログラム
2009年はここです。
  
NORAD Tracks Santa


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

宇宙戦艦ヤマト・復活篇とパブリック・エネミーズ

  
今週末は、年末・新年に向かって、
いろーんなシネマが公開 !!!
  
シネマフリークとしては、ちょっと忙しかった?週末かも。
いろーんな新作が公開始まったこの週末、
選びに選んだのは、この2本です♪
  
  
  
・宇宙戦艦ヤマト復活篇 ★★★★

ニホンジンの殆どの人が知っている(ハズ)の、戦艦大和
その戦艦大和をモチーフしたのが、かのTVアニメ「宇宙戦艦ヤマト」
この「宇宙戦艦ヤマト・復活篇」は、アニメの映画版って事になるワケだけど、
ストーリーそのものは、時代背景が更に進んで、西暦2220年。
  
  
古代進&森雪との間に生まれた一人娘、美雪。
なーんか、やっぱ、森雪を彷彿させるのは、やっぱ娘ってキャラだから?
古代進のキャラが、アニメ版のそれよりだいぶ変わって、かなり違和感が有ったけれど、
真田さん、佐藤先生、アナライザーといった、往年のメンバーがそのまま登場 !!!
  
  
ヤマトとて世代交代は有るようで、移民船団本部長の「島 次郎」は「島 大介」の弟。
ヤマト機関長の「徳川 太助」は、初代ヤマト機関長「徳川 彦左衛門」の息子って設定。
その他、クセの有る若手がいっぱい登場するから、
シーンに見取れていないで、キャラクター関係、しっかりと頭の中で整理しましょうねっ!!!
  
  
あっ…この復刻篇、
アニメ版の事を全く知らなくても、それなりに楽しめますよ~(^_^)
往年のアニメ版に填った人にとっては、あっ… あれあれあれ !!!
ってものが、随所に登場します。
目を見開いて、しっかりと観ましょうねsign02
  


Photo

(C)2009 ヤマトスタジオ/「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」製作委員会
  
  
  
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
  
  
  
・パブリック・エネミーズ ★★★
  
巷では、主演のジョニー・デップの事で話題騒然だけど、
このシネマ、そもそも、以前に「デリンジャー」って映画の焼き直し。
往年のシネマファンの人なら、たぶん、「デリンジャー」ってシネマ、覚えているんじゃ?
  
   
1930年代の銀行強盗・黄金時代?を代表する「ジョン・デリンジャー」を描いた映画は、
これが最初じゃ無いってワケで。
    
で、この時代を舞台にした映画らしく、派手にマシンガンを撃ち放ちます。
バタバタ、人が倒れます。
こういうの、苦手な人は、観ない方がイイかも。
  
  
ジョニー・デップがジョニー・デップらくしないって感じを受けるのが、
ちょと残念。
やっぱ、繊細でちょっとナイーブって印象、有ってさ。
マリオン・コティヤールが、フランス人らしい雰囲気、出していて良かった(^_^)
  

Photo_2

(C)2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
  
  

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

キャンドルナイト みしま 2009

全国のあちゃこちゃで、この手のキャンドルナイトが催される昨今。
ここ、三島の地でも、12月19日(土)
三島測候所記念公園(エコセンター)で催されますよっ(^_-)

てか、今日、生涯学習センターで、
おじちゃんがこのポスターを配っていて、それで知ったワケだけどさ(^^ゞ

同じ日の同じ時刻に、
隣町・柿田川公園でもキャンドルナイトが催されるけど、
地元民はやっぱ、こっちでしょ。

  

キャンドルナイト みしま !!!

  

14:30から、廃油キャンドルやエコ束子作りの体験、
写真家・岩合光昭氏の上映会、そして、環境啓発物品の展示や体験。
キャンドルナイトそのものは、17:00~19:45まで。
キャンドルナイトの会場では、アコースティックライブも催されますよ~

詳しいことは、このパンフレット↓ をよ~く見てくださいねっ(^_-)

P19070055s

  

てなワケで、
生涯各週センターでこのパンフレットを配っていたおじちゃん、
ちゃーんと広報しておきましたよ~(^_^)

当日は、デジイチと銀塩1レフとを携え、出没予定(^_^;)

 

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

再び、列車遅延証明書をGet!!!

  

朝晩の通勤で乗る、地元私鉄train 伊豆箱根鉄道・駿豆線。

いつもの如く、電車時刻の5分前に駅へ着いてみたら、
何故か上り電車が駅の手前で止まっているsign02
eyeん?  なになになに (((‥ )( ‥)))
って感じで、最初はワケ判らない状態だったけれど、
駅舎に屯って居る乗降客の立ち話から、どうやら、電車故障して立ち往生sign01

駅の傍の踏切の処には、鉄道会社のshadowが遮断機を操作しているし、
立ち往生した電車の周りも、鉄道会社の人がrun右往左往run

Ca9391086s  

 

で、事の真意を確かめるべく、
乗降客で溢れかえった中を、人を押し退け、改札の処まで行ってみたら、
こんなん立て看板が…

Ca9391087s

 

よっぽど慌てて書いたみたいで、ホントは
「只今、駅手前で車輌が故障し、車両点検の為、運転見合わせ中です」
と、書きたかったのかもsweat02

 

この立て看板が立てられて直ぐ、駅手前で立ち往生したtrainがゆっくりと駅ホームへ入ってきて、
取り敢えず、電車に乗り込んでいた乗客を全て降ろし、
隣の駅にある、車輌点検工場まで回送dash
単線の線路だから、線路上で電車が立ち往生しちゃうと
後続の列車は皆、足止め状態。ふん詰まりsweat02

運転再開の見通しがなかなか告げられない事にプッツンした乗降客の一部は、
我先にと、代替えの交通機関を求めて駅を後にし、何処かへ行っちゃったけれど、
まっ… いつかは運転再開になるだろうー
と、超~気長な乗降客だけ駅に残り、運転再開を待ち侘びたワケでhappy01

それでも、運転再開を待ち侘びる乗客で、ホーム上は満員御礼down
前回の、架線事故の時よりも、待ち侘びる人が多くて、
先行き不安、いっぱいthink
だってさ、こんなにいっぱいの人、全員乗り切れるワケじゃ無いし、
例え、乗りそびれ組が出たとしても、
電車内は乗車率200%超え、間違いナシsign02

そうこう考えながら(てか、blogネタとして考えながら)運転再開を待つ事、更に10分。
隣の駅で待ち惚けを食らっていた上り電車が、やっと来たのでした~note
乗車率は…予想通りの200%超え。
久し振り、ギュウギュウ詰めの電車の洗礼を受けたって感じで。(;^_^A

で、やっと辿り着いた終着の三島駅では、
列車遅延証明書を貰うべく、これを配っている駅員を皆で取り囲み奪い合いannoypunch
ホントは不要なんだけれど、記念に1枚、貰っちゃいましたよ。
コレ ↓↓↓

Ca9391089s
(所定到着時刻や延着時分、理由が未記入だけど…)

 

運転再開を待ち侘びるホーム上で、女子高生達も話していたけれど、
ここんとこ、伊豆ッ箱(って愛称)、運行トラブル、多くない?
同じ西武系では、この前、西武新宿線で
トラブルに依り大々的に運行遅延を出したし。
コスト削減も良いけれど、安定運行と安全運行には投資を惜しまない様にsign03

そんなこんな、
しっかり、利用者達のblogネタになってる、今日の電車立ち往生騒ぎ。
(少なくても、乗り合わせた高校生達のかなりは、blogネタにしているハズ)
故障内容は、ATS(自動列車停止装置)の誤動作だったみたいで。
事故とかじゃ無いのが、せめてもの幸いかも(^^ゞ

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

チュウサギ?ダイサギ?かなりビミョ~

  

アキレス腱を痛めた足を養生すべく、今でも月に1~2回、
伊豆長岡のspaで湯治していワケだけど、
先日その帰りに、狩野川の川岸でコヤツら達を発見sign03

  

Pc9050616s   

  

川岸の向こうに佇んでいたり、飛び回っていたりで、
遠目、ダイなのかチュウなのか、どっちなのか判らなかったけど、
何はともあれ、中梅ZOOM (40-150mm)を装着したcameraでパシャ撮りnote

  
  

Pc9050623s   

  

めい一杯、ZOOMで引き寄せても、フォーサーズの150mm、
銀塩35mm換算では、300mm相当の視野角。
こういう時に限って、
大梅ZOOM (70-300mm、35mm換算で140-600mm)装着していないし…coldsweats01
一級河川の川岸の向こうは、流石に遠い距離でして(^^ゞ

  
  

Pc9050635s   

  

ピクセル等倍で観てみたら、チュウサギでは無くダイサギでした。
チュウサギとダイサギ、間際らしいんだよね。
大きさが違うだろう !!! と言われればそれまでだけど、比較対照するもの、無いし(;^_^A
ちなみに、画の中央、川岸で佇んでいるのは、たぶん、アオサギ。(ちっちゃ過ぎる?)

  
  

Pc9050647s   

  

こうして、トコトコ歩くサマは、コサギとは違った風格さえ感じさせて(^_^)
(やっぱ、せせらぎの水辺に居るコサギよりおっきいわさcoldsweats01 )

次はぜぇ~ったい、大梅ZOOMで撮ったるーsign03
てか、伊豆長岡のこの川岸まで、暫し通わなきゃダメやんsweat01

  
  

ZuZu took these photographs using E-510 & ZUIKO ED 40-150
  
  

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ふたご座流星群、今年も見頃!!!

三大流星群に数えられるふたご座流星群が、
今年も、12月14日午後2時頃をピークとして観られるとのこと。

この晩は新月newmoonということも有って、
流星を観るにはうってつけのnight夜空up

ふたご座流星群の特徴は、尾を見せない小惑星ファエトンが起源だってこと。
他の流星群の殆どは、彗星の尾が軌道上に残したチリが地球にぶつかって
そのチリが燃え尽きる時の輝き。
でも、この小惑星ファエトン、
もともと彗星だったけれど、何度も太陽に接近して
核からガスやダストが放出してしまった枯れた彗星だっていうから、
ちょと悲しいかも。

 

日本流星研究会の情報だと、最大HRは50と言うから
多い時には1時間に50個ぐらいの流星が観られるってこと。
12月14日の夕方から15日深夜にかけてが見頃となるので、
東の夜空を眺めましょうねっsign03

詳しい情報は、AstroArtsの星空ガイドで♪

1214   

  

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

霧の中の

今朝方のこの地、
すっかり霧に包まれてしまって、
霧の中の…って感じ。

P19060997s    

   
   

周り中、霧に覆われて、
真っ白なベール、そのもの♪

P19070002s   

  
  
  
  

P19070004s   

こういう朝って、幻想的で良いかも。
太陽が昇るまでの一時だけどさ。


    

ZuZu took these photographs using LUMiX DMC-LX1,
  
  

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

探し物は何ですか?

  

ジャブジャブと、
黄色いクツを履いて、せせらぎの水辺を右往左往dash

Pb9290610s    

  

コサギくん、探し物はなぁ~に?happy01

  
  

Pb9290576s   

  

嘴で、石をツンツンして...

ないな~sweat01

Pb9290567s   

  
  
  
  

Pb9290595s   

  

石の周りを、ジャブジャブ歩き回って...

ないぞぉー(;^_^A

Pb9290583s   

  
  
  
  

Pb9290604s   

  

鳩次郎くんに近寄り

お~いっ、鳩次郎 !!! 、おいらのアレ、見なかった?

Pb9290591s   

  
  

水の中に嘴を突っ込んで...
やっぱ、見あたらない?(^_^;)

Pb9290594s   

  
  

コサギくん、遂に、こっちを向いて

おいらのランチ、見なかったぁ?

Pb9290605s   

  

昼どきのせせらぎの水辺、
コサギくんとて、ランチタイム~note

てか、ランチ、見付かったんかな?sweat02

  
  

ZuZu took these photographs using E-510 & ZUIKO ED 70-300.

  

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

指差喚呼(しさかんこ)

指差確認喚呼(しさかくにんかんこ)、指差呼称(しさこしょう・ゆびさしこしょう)、
指差称呼(しさしょうこ・ゆびさししょうこ)、指差唱呼(しさしょうこ・ゆびさししょうこ)とも言う、
これら「指さし確認」

 

駅ホームの駅員や、電車の運転手、バスの運転手がしているのを
見掛けるでしょう。

1. 目で見て
2. 腕を伸ばし指で指して
3. 口を開き声に出して「○○○、ヨシ!」
4. 耳で自分の声を聞く

 

工場の現場でも行われているこれら指さし確認。
一説によると、
明治末年、目が悪くなった機関手「堀八十吉」が、
機関助手に何度も信号の確認をしていたのを、同乗した同局の機関車課のお偉いさんが、
堀機関手が目が悪いことに気がつかずに、素晴らし行為であるとしてルール化したもの、とか。
自分の目で確かめられないから、苦肉の策で機関助手に確認してもらったってワケだけど、
端から見れば、素晴らしい確認行為。
「機関車乗務員教範」に載るのも自然な流れだったのかも。

 

そんな、電車発車前の運転台の様子。
こちらは最後尾、車掌の居るところだけど…(。_・☆\

Ca9391080s

by W53CA

 
 

指差喚呼がいっぱいな駅前のモミジ、やっと色付いてきて、
今宵もこうして街灯にライトアップ?されてました~♪
P19060986s

by LUMiX DMC-LX1

  
  

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

流行語大賞2009

 

年末恒例の「ユーキャン 新語・流行語大賞」トップテンが先日、発表となったワケで、
1位はご存じ政権交代
受賞会見での鳩山首相のコメントが、ちょと冗談にならなかったけれど…(^_^;

  

ネット界にも、ネット流行語大賞ってのが有って、
発起人の深水英一郎さんが集計発表したのが、これら。

 

ネット流行語大賞2009

 

・ネット流行語大賞2009 年間大賞金賞
 「※ただしイケメンに限る」
 文章の最後につけると不思議な効果を及ぼす言葉で、
 自嘲的な笑いを生み出す。
 所謂、但し書きだが、誰でも使えるワケでは無い。

・ネット流行語大賞2009 銀賞
 「どうしてこうなった」
 とあるトラブルからうまれた言葉。
 そのトラブルがちょっと滑稽で、その言葉自体が応用の効くモノだったことから、
 ネットで多用されるようになった。ブレイクしたのは今春のこと。

  

・ネット流行語大賞2009 銅賞
 「裸になってなにがわるい」
 SMAPの草薙さんが、公然わいせつの疑いで逮捕された際に発したとされる言葉。
 元々は「裸だったら何が悪い」と言ったとされていたが、
 伝言されているうちに少し変化してしまった模様。(;^_^A

  
  

それと、ケータイ流行語大賞は、

・ケータイ流行語大賞2009 年間大賞金賞
 「盛る/盛れる」
 元々ヘアスタイルの盛り髪からきている言葉だが、
 気分が乗ってる状態のことを「盛ってる」「盛れてる」と言ったりもする。

  

・ケータイ流行語大賞2009 銀賞
 「ガチで」
 「本気で」という意味。「ガチンコ勝負」のガチ。
 もともとは相撲用語で真剣勝負を意味するが、昨今はプロレスでも使われている言葉。

  

・ケータイ流行語大賞2009 銅賞
 「やふー\(^o^)/」
 「やっほー!」みたいな意味で、挨拶に使われる。
 「yahoo!」を「ヤッホー」とも読めるように、「yahoo!\(^o^)/」もアリ。
 「人生オワタ\(^o^)/」という言い回しもあるが、
 こちらは悲観的な意味合いで使われるので、まったく逆の意味となる。

  

今年も又、不思議な新語や言い回しがいろいろと出てきたワケだけど、
恒例の漢字はどうなんだろう?
ちなみに、ネット今年の漢字2008は「崩」だったけど(^_^;)

  

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

続・ちいさい秋みつけた

ちいさい秋、まだまだ見い出しが足りなかったので、
日曜日の午前、再び三島・楽寿園へdashdash

  

どんよりしたcloud曇り空の下、
前日のように、sunキラキラ逆光の透かしは撮れないから、
ちょっとまともな風景画?として、cameraパシャパシャ。
途中でsyouさんとバッタリ遇って、お互いびっくりしたけど(;^_^A

再び見つけたちいさい秋は、これらです。

P19060969s   
もう、散ってるじゃんけsign03 って声、聞こえてきそう…sweat02

  
  
  

P19060971s

何処かの古都の情景に似ている…かもsign02

  
  
  

P19060975s

紅葉前、紅葉後、紅葉途中sweat01

  
  
  

Pb9290531s

覆い被さるような、紅葉した大木coldsweats01

  
  
  

Pb9290540s

石橋を、叩いて渡る?
てか、この橋、渡れません。歩行禁止sweat02

  
  
  

Pb9290543s   
泳ぎ疲れたのか、こうして此処で、ちょっとひと休み~♪

  
  
  

Pb9290546s   
何とか水面に映っていたけど、ちょと水量が少ない、今の時期の楽寿園。
やっぱ、富士山の地下水、汲みすぎsign03

  
  

Pb9290547s

  
  
  
  
  

Pb9290556s   
ちょっと、パニック画みたいでしょ?
後ろの建物は、周り一面に鏡を貼り付けてあるんですよっhappy01
だから、映っている光景は、鏡の中の光景(^_^)

  

紅葉が疎らな今年の晩秋、
見事な紅葉の木もあれば、中途半端な木も有って、
成る前、成った後、考えようでは、2倍堪能出来たかも?(笑)

  

帰り道、いつものせせらぎ小径でコサギ遊んでもらえたから、
その模様は後日、Upします。(^^ゞ

  
  

ZuZu took these photographs using LUMiX DMC-LX1, E-510 & ZUIKO ED 70-300
  
  

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

« novembre 2009 | Accueil | janvier 2010 »