« のだめカンタービレ 最終楽章 前編 | Accueil | 蒼鷺の石渡飛び~パタパタ画風 »

伊豆に伝わる十二支の話~猫が十二支に居ないワケ

日本各地、似たような十二支の民話が伝えられていますが、
伊豆の地では、こんなん感じです。

 
 

むきゃーし昔のある年の瀬のこと、神様が動物たちにお触れを出したんだとさ。

元日の日、新年の挨拶をしにワシんとこへ来い。
 一番早く来たヤツから十二番目のヤツまで、挨拶の順にそれぞれ一年の間、
 動物の大将にしてやらあ

  

動物たちは、それぞれが、オイラが一番乗りだ!と気張って、元日が来るのを待った。
ところが、気紛れな猫は、
神様の処に行く日を忘れちまったもんで、身近に居たねずみに訊くと、
賢いねずみはワザと、一日遅い日を教えてやったワケよ。
猫は、ねずみの言葉を間に受けて、喜んで帰っていったんだと。

さて、その元日になると、
図体のでかい牛んべーは
「オイラは歩くのが遅いからよぉ、一足早く出かけるっきゃ」と、
夜のうちから支度をし、夜も明けぬうちに出発したんよ。
牛小屋の天井でこれを見ていたねずみは、ピョーンと牛の背中に飛び乗りおった。
そんなこととは知らず、牛んべーが神様の御殿に近付いてみると、まだ誰も来ていない。
 
牛んべーは、「オイラが一番!」と喜び待つうちに、御殿の門がすーと開いた。
とたん、牛んべーの背中からひょいとねずみが飛び降り、
チョロチョロっと走りよって、ねずみのヤツが一番になっちまったわけよ。
そんで、牛んべーは二番。
それから虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪の順で着いたんだとさ。

猫のヤツは、一日遅れで行ったもんだから、番外で仲間に入れなかった。
そんで、ねずみを恨んで、今でもねずみを追い回しているっちゅーことよ。

 
 

他にも、遅れてきた猫が神様に、
「さっきまで寝ていたんだろう。顔を洗って出直して来い!」と怒られた為、
以来、猫が顔を洗うようになったとか。

猫が、お釈迦様の薬を取りに行ったねずみを食べてしまった為、
十二支に入れてもらえなかった。
などなど、いろいろとあるようで。(^^ゞ

 
 

虎の年の年賀状に、トラ画では無くネコの画を入れるってのは、
こういう経緯も有っての事かも(^_^)
※同じネコ科の動物だからっ…てこじつけも有るようで.(;^_^A

 

Pc9190376s

 

|

« のだめカンタービレ 最終楽章 前編 | Accueil | 蒼鷺の石渡飛び~パタパタ画風 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Commentaires

 (*´∀`*)コンニチワ~♪

 ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
 楽しいお話ですね~o('ー'o)ウン♪

 これって、伊豆伝説?
 
 クリスマスも終わって、これから
 慌ただしくなりますね~>。<

 お互い体に気をつけて
 年末年始、乗りきりましょう(^_-)-☆

Rédigé par: Rei | le 26/12/2009 à 16:11

>Reiさんnote
この手の民話は、日本全国、似た内容でありますよ~
伊豆の地(てか、田方郡)ではこんな感じで伝えられていて、
ちょっとアドリブもアリ…(。_・☆\
ネコが十二支に入れなかったワケは、
これ以外、多々あるみたいだけど。

年の瀬の師走、ネコも小鷺もカワウも、
皆して日向ぼっこ。
ニンゲンさまだけが、ドタバタしているって感じ(^^ゞ

Rédigé par: づづ☆彡 | le 27/12/2009 à 14:06

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22019/47117644

Voici les sites qui parlent de 伊豆に伝わる十二支の話~猫が十二支に居ないワケ:

« のだめカンタービレ 最終楽章 前編 | Accueil | 蒼鷺の石渡飛び~パタパタ画風 »