« juin 2017 | Accueil

juillet 2017 posts

暑中お見舞い申し上げます…

 

いつの間にか梅雨明け宣言がなされた今年。
梅雨の雨らしい雨が降ること無く、時にゲリラ豪雨的に降ったけれど、
雨無し梅雨、今年もか~って感でですよね。
猛暑が予測されている今年の夏、この後の夏本番がオソロシイかも ^^;

 

そんなワケで、ちょっとは涼しげに感じてもらえればと、
今年もこうして暑中見舞いです。

 
 

P6101762m

 
 
 
 
 
 

P4100069m

 

カサブランカでは無く、初夏の旬、百合の花が飾られた山手西洋館のひとつ、
ベーリック・ホール。

 
 
 

P6101749m

 
 
 
 
 
 

P6101752m

 

陽射しの当たり方に依って、雰囲気が変わるこのダイニング。
昼下がりの頃は、こういう雰囲気となります。

 
 
 
 

P6101775m

 

古の初夏の時は、きっと、こういう雰囲気だったのでしょうね。

 
 

夏の風物詩が、いろーんなシチュエーションで見受けられるようになってきました。
夏本番の8月は、もうすぐ ^^;

 
 

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

第65回三島市美術展 無事終了♪ 

 

7月4日から7月9日まで催された三島市美術展
無事終了しました(^^)

最終日の9日は、受賞者の表彰式、審査員先生方の講評会、
そして、出展作品の搬出と、午後からドタバタ ^^;
搬入日の時に比べれば、少しは勝手が解ってきたので、
それ程…では無かったものの、やはりドタバタでしたよ(^^ゞ
(搬出票を受付へ提示せず、勝手に掲載画を搬出する人も居たし)

ドタバタあたふたした、第65回三島市美術展
先に掲げた写真の部の他は、こんなん感じでした。

まずは、彫刻工芸の部、書道の部のゾーン。

(運営関係者だけが撮れる、開場前の情景です)

 

P7082128m

 
 
 
 

P7082134m

 
 
 
 

P7082156m

 
 
 
 

P7082157m

 

撮り甲斐の有ったのが、この書道の部のゾーン。

 
 

彫刻工芸の部にも、撮り心をくすぐる作品が有ったので、こうしてパシャ

P7082139m

 
 
 
 

P7082142m

 
 
 
 

P7082143m

 
 
 
 

P7082158m

 
 
 

引き続き、洋画の部はこんなん感じでした。

P7082147m

 
 
 
 

P7082148m

 
 
 
 

P7082150m

 
 
 
 

P7082153m

 
 

最後に、日本画の数々。
日本画の色使いや色彩って独特なので、会期中、
日本画の先生から、色の作り方や色の出し方、いろいろ教えてもらいました。
こと配色は、写真にとってもすご~く参考になったので、
是非とも取り入れたい、配色に関する考え方でした(^^)

 

P7082159m

 
 
 
 

P7082160m

 

第65回美術展、今後の課題。
 
こと写真の部では、掲載する場所かも。
EVホール前の、第1会場の照明は最悪なので、場所を変えるか照明設備を変えるか、
二者択一かも?

あと、全体的に、
ライトアップ用のスポットライトが数足りない…
出展者の方々には、ほんと、申し訳ない思いでいっぱいでしたよ^^;
(市の主催担当課の備品まで使ったけれど、やはり数足りずで…)
この辺りの備品充実は、長期戦になりそうな予感(^^ゞ


 

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

第65回三島市美術展 設営完了^^;

 

7月4日から7月9日まで行われる、三島市美術展の会場設営、
7月2日に、やっと終わりました~^^;

担当する写真部門の出展画は、最終的に80点。
EVホール前の第1会場と、市民ギャラリーの一部を使った第2会場に分け
せっせと出展画の搬入申込みと展示を、7/1と7/2で行いました。

フックに掛ける事が出来ない額装の画が幾つかあって、
設営中、少し難儀したけれど、
まっ…ほぼ想定通りの所要時間で会場設営完了!って感じ (^^)

 

設営中。一番の難儀は、やはり照明かな。
PAMの写真展では、市民ギャラリーを利用するけれど、
その時もスポットライトの数が足りず、明暗差で難儀 ^^;
今回は、EVホール側の第1会場がめちゃくちゃ暗いワケで…
使っていない?(用を成していない)ライトを掻き集め、
何とか、第1会場もそこそこ明るくしたけれど、
夜になると…たぶん、暗いハズです ^^;

 

そんなこんな、照明で苦労した会場設営、
開催準備が整った写真展示会場は、このような感じです。

 

※第1会場 EV前

Dsc_0779m

 
 

Dsc_0780m

 
 

※第1会場 ホール側

Dsc_0781m

 
 
 
 

Dsc_0782m

 
 
 
 

Dsc_0783m

 
 
 
 

Dsc_0784m

数に限りの有るスポットライトの照光方向を、あれこれ試してみたけれど、
これが最良かも?

 
 

続いて、第2会場となる市民ギャラリー。
こちらは、日本画の作品と掲示場所の分け合い。
本来のギャラリー入口の右側から入って、時計回りとなります。

Dsc_0785m

 
 
 
 

Dsc_0786m

向かい側のこの面には、ライトアを当てる余地が余りなく、こういう感じ。

 
 

Dsc_0787m

 
 
 
 

Dsc_0788m

 
 
 
 

Dsc_0789m

左から2番目。審査員・露木先生の出展画は、某コンテストの上位入賞作品。

 
 

Dsc_0790m

右から2番目。白鳥の親子の画は、微笑ましい構成です。(^^)

 
 

展示しながら、一般応募作品を見て感じたことは、

●基本的に、合焦が甘い。ピンの山を掴んでいない画が多々。
 てか、AFを使いこなしていない…と見受けられる画が多いかも。

●露出が、その画に合った露出となっていない画が多い。
 中には、唸らせる程の、絶妙な露出設定の画も有るけれど…

●画の構成が、先ずは基本の…に沿っていない。
 こーした方が良い、あーした方が良いって画が、チラホラ。

●色の配色、色調を考慮していないのでは? って画が多い。
 逆に、上手く整合性を取った画もある。
 写真とて色彩学は必須です。

●展示品でのHDR処理はヤメましょうよ ^^;
 確かに見栄えは良いけれど、展示品としての品位ナシ。

●コントラストをメチャクチャ強くして、エッジが立っている画もチラホラ。
 逆に、これを効果的に使った画も有ったけれど、
 コントラスト補正の良し悪し、解っているのかな?(超~疑問)

●額装の基本を知らない?
 プリントの裏打ちが無いのは可愛い方で、
 フックを掛けることが出来ない額も有ったし^^;

●初見で引き寄せられる、インパクトの有る画が少ない。
 てか、コレが一番ムズカシイ訳でして…(^_^;)

いろいろ書き出したけれど、中には関心、参考になる画も有ったので、
まあ、ヨシってとこです。

 
 
三島市美術展は7月4日~7月9日まで(7/9は午前中)
三島生涯学習センター3Fで催しているので、
是非是非、足を運んで下さい m(__)m
 

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« juin 2017 | Accueil