« février 2019 | Accueil | avril 2019 »

mars 2019の記事

LEICA D VARIO-ELMAR 14-150/3.5-5.6 に依る習作w

 
先日、中途雇用したLEICA D VARIO-ELMAR 14-150/3.5-5.6 の慣熟運転ならぬ、
慣熟撮影、してきました~
 
いやはや、使うほどにヤバいレンズです。コレ。
今までは、広角~標準域担当と望遠担当の、2台体制で撮影に臨んだけれど、
このレンズを使えば、広角から中望遠まで、取っ換え引っ換えナシの1台 (^^)
しかも、思惑通りに画が撮れるから、ヤバ過ぎですよ ^^;
 
そんな習作の画たち、このように撮り収めました。
(試し撮り同様、撮って出しのJPEG画。白黒変換以外はレタッチ無し)
 
 
 
P3109655
 
撮るときから、白黒画への変換を前提として撮った画。
じっくりRAW現像すれば、更に味のある画になるかも(^_^;)
 
 
 
P3109684
 
テレマクロの後ボケの習作。コレぐらいのボケ味が程よいかも。
 
 
P3109687
 
こういうパシャ・チャンスも、レンズをす~っとテレ端まで伸ばしてパシャ♪
便利です(^^)
 
 
 
P3109692
 
何処まで寄れるかの実験。
カタログ・スペックは50cmだけど、30cm位まで寄れそう。
 
 
 
P3109713
 
1段絞りに依るテレマクロ。これだけ背景がボケればヨシです(^^)
 
 
 
P3109722
 
この画もまた、白黒画への変換を前提にして撮ったもの。
ワイド端では、F11~F14が良さげかも?
 
 
 
P3109728
 
巷の噂では、ワイド端では隅が歪むとも言われているけれど、見た目、気にならない…
と言うか、気になるような構成の画じゃ無いし(^_^;)
 
 
白黒画へ変換するとしっくりとした画になるって傾向は、
どうやら、LEICA D VARIO-ELMARIT 似。
ますますヤバい LEICA D VARIO-ELMAR 14-150/3.5-5.6 です。
 

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今更ながら LEICA D VARIO-ELMAR 14-150/3.5-5.6

 
今更ながら、LEICA D VARIO-ELMAR 14-150/3.5-5.6 を中途雇用しました~(^^)
 
フォーサーズマウントの LEICA LENS は、これで2本目。
かれこれ7年前に雇用した LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm F2.8-3.5 が
ここんとこ、ご機嫌斜めで、
時にCamera Bodyにエセ情報を送るらしく、
マニュアル設定にしても、シャッター動作がとんでもないことに…^^;
ご機嫌の良いときは LEICAらしい画を描くので、静養させているけれど…
(修理対応期間が既に過ぎている為、ごまかしごまかし使っている)
 
で、新たに中途雇用したLEICA D VARIO-ELMAR 14-150/3.5-5.6。
実は、LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm F2.8-3.5を雇用する時
どちらを雇用しよっか、散々悩んだレンズ。
片や標準ZOOM。もう一方は高倍率ZOOM。
悩んだ当時は、14mm-150mmの高倍率ZOOMは必要ないな…ってんで、
標準ZOOMのLEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm F2.8-3.5を雇用。
 
歳月は流れ月日が経つと、日頃使う画角はだいたい決まってくるもので、
14mm,25mm,50mm,100mm,150mm,200mm,300mm に集約されている ^^;
となると、LEICA LENS の代打として、以前雇用を見送ったこのレンズがベストか?
と考え、Web上で中古を探しまくった結果、無事に雇用できたワケでして(^^)
 
 
今回、中途雇用したLEICA D VARIO-ELMAR 14-150/3.5-5.6
巷の評判通り、同じ画角帯のZUIKOレンズより、ちょっと柔らか~な画を描いてくれて、
早速、フォーサーズの旗艦:E-5 と組み合わせて撮った画がこれら。
(撮って出しのJPEG、そのままです。何ら修正なし)
 
 
 
P3099634
 
こういう情景、
ZUIKO ED 50-200だと、ちょっとマゼンダが出るけれど、程よい色合いで♪
80mm F7.1 ±0EV
 
 
P3099635
 
菜の花の黄色と函南桜の桜色と春の青空。
青空はオリンパスの色を出しているし、黄色も悪くないかも?
14mm F11 ±0EV
 
 
 
P3099639
 
斜め上からの順光。+0.3EV補正
E-5 で黄色が飛び気味になるってことは、E-30では±0EV補正にすべきか?
14mm F13
 
 
 
P3099643
 
150mm、F9で、これぐらいのボケ味。
1段か2段、絞った方が良さげなレンズ。+0.3EV
 
 
 
P3099647
 
前ボケ、後ボケの実験。円形絞りのであることが如実に現れている画。
150mm F7.1 +0.3EV
 
 
 
P3099650
 
14mm F13 で、どの辺りから合焦するかの実験。+0.3EV
かなり手前から合焦しているので、満足・満足♪
 
 
 
P3099653
 
で、お約束の画? 絞り開放テレマクロ。
150mm F5.6 +0.3EV
 
背後のボケが柔らか~く見えるのは気のせい?
ZUIKO ED 70-300 の絞り開放テレマクロも凄いけれど、
LEICA D VARIO-ELMAR 14-150/3.5-5.6 の方が、品が有るかも。
 
 
まだ、ちょこっと試し撮りしている状況なので、
こってり色彩画を描くBODYのE-30と組み合わせたり、
味のある色彩を描く老兵E-500 (古典的なCCDセンサー機)と組み合わせたり
ちょこちょこ遊んでみます。
 

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« février 2019 | Accueil | avril 2019 »