音楽

「さくら」にまつわる歌

 

卒業シーズンも終わって、これからは入学式のシーズン。
社会では、入社や転勤・転属のシーズンでもあるけれど、
この時期定番の曲っていったら、「さくら」

いろーんなアーティストが、いろーんな曲を歌っているけれど、
曲調も、詩も、それぞれの思いが込められていて、どれも良かぁ~
って感じ。

その「さくら」な歌、YouTubeから拾い出してみました。(^_-)

 
 

まずは、「やなわらばー」 の 「さくら
女性ふたりのデュオ
てか、この曲、初めて聴いたって気もするけど。(;^_^A

 

で、定番中の定番?
コブクロ」 の 「さくら
卒業式では、必ずってほど、歌われる歌かも。

 

もひとつ、卒業式での定番。
森山直太郎」 の 「さくら(独唱)
この曲を最初に聴いた時、なんちゅう歌唱力?と感心。
以前、MIDIファイルを掲げていた時にも、この曲をカバーしたっけ(^_^)

 

ケツメイシ」 の 「さくら」は、ちょっと曲調が違うけれど、
やはり、この時期の曲かも。

 

高野健一」 の 「さくら」も又、ちょっと趣向が違うさくらな曲。
てか、この曲、何かの曲を彷彿させない?
RSP」版もあるけど、高野健一の「さくら」の方が好みかも。(^_-) 

 

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

冬が来る前に

 

まだ、夏さえ来ていませんが…(。_・☆\

 

月うさぎさんの記事「夏が 来る前に」の題名から、
ふと、この曲が脳裏に浮かんで、
ぐるぐるぐるぐる、頭の中を巡っていて、離れないって感じ。

 

夏に纏わる曲って、古今東西、いろいろとあるワケで、
夏と言うと、まず思い浮かべるのが、SASだし、大滝龍一さんだし、
山下達郎さんとか、竹内まりやさんも、夏って感じ。

で、タイトルの「冬が来る前に
以前もちょっと紹介したけれど、70年代のグループに「紙ふうせん
ってグループが有って、彼らのヒット曲のひとつ。
最近では、あの?初音ミク版も登場しているけれど、
元祖、紙ふうせん版が好きかも。(^_^)

YouTubeに、いろーんなバージョンの「冬が来る前に」がUpされているけれど、
生演奏版のこれが一番良いかな?

冬が来る前に~紙ふうせん

 
 

そそ、似たような題名で、
冬が来るまえに」って曲もあります。
こちらは、オフコースの曲。(^^ゞ

曲調は全く違うけれど、詩の後半が似ているから、
興味のある人は調べてみて下さいね~w

 

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

ALIVE

今宵のアンビリでも紹介された、小林由佳さんの
「命を懸けた Last Live ~僕らの未来が咲く場所へと~」

余命、1年の宣告を受けたのは、去年、6月のこと。
それでも、やはり、歌いたいからと、
この6月11日、保谷こもれびホールでライブ公演を開きます。

 

自身のblogでも、ミクシィでも、
自らの今のこと、これからのこと、いろいろ綴っていますが、
6月11日のライブは、是非是非、成功裏にっ!!!
って思い、全国津々浦々から、寄せられていて。(^_^)

 

彼女の曲、聴いていると、
何故か、こっちが元気を貰えちゃうんですよね。不思議と。

自作の代表曲「ティア」を始め、アルバムALIVEはライブの前日に発売。
小林由佳さんのPVはこちらです。

 
 

PV中、タンポポを写メしているシーンが有るけれど、
蓮華草も、今がシーズン。
近所の田圃の蓮花は、しっかりと蓮花畑していました。

A5092963s  

 
 
 
 
 
 

A5092990s  

 
 

ZuZu took these photographs using E-30 & ZUIKO ED 70-300
 
 
 

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

萎える

 

萎える...今宵の電車の中で、女子高生が散々使っていたコトバ。

用法は、ちょっとでも残念な事が有ると

 
萎える

 

本来の意味とは違うけれど、コレも又、女子高生コトバのようで。
ますます、難解ですよ。(汗)

 
 

難解と言えば、バロック時代のこの曲もまた、難解かも。
J・S・バッハ作の「主よ、人の望みの喜びよ」

数々のポピュラーアレンジが有る中で、
EL&P(エマーソン・レイク・アンド・パーマー)っぽい、
こういうアレンジ、どうでしょう?(^^ゞ

 

正月休みは、こういう事もしていたのでした~(^_^;)

 
 

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

Jump!

Van Halenのこの曲。Jump


キーボードがやたら格好良くて、
キーボードをやっている人なら、誰しも弾いた事が有る?って曲。
それ程、この曲はボーカルよりシンセ・キーボードの方がインパクトが有って、
たぶん、みんなも耳にしたこと、有ると思う。
(以前、某CMでも使われたし)    

そのJump、オリジナルのPVはこれです。

Van HalenのJump

 

 

実際、どういう風に弾いているのか、

こんな感じ…(^^ゞ

聞こえは簡単そうだけど、いろいろムズカシイ弾きなんですよ~(^^ゞ


 

そそ、この曲、聞き覚えのある人、居るかな?

COSMOS / 亜麻色のスーベニール

和製シャカタクっぽいところも有るけれど、
そのシャカタク(英国)とて、日本のYMOのパクリだし(^^ゞ

 

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

碧いうさぎ

いま、話題の人。のりP~

今から十数年前の1995年、TVドラマ主題歌として流行ったこの曲。
ここんとこの騒ぎで、正規音源が尽く流通市場から撤去されているけれど、
YouTubeをこまめに探していくと、正規音源ではないものの、
いろいろ有ります。

そんな中から見付けたこのVD。
作者「織田哲郎」さんとのコラボレーション。
オリジナル曲に対し、東欧ジプシー調にアレンジしてあるけれど、、
意外と、聴き応え有ったりして。(^_^)

TVドラマ「星の金貨」そのものは、再放映が急遽中断されたけれど、
歌声だけは、ネット上の至る所からまだまだ聞こえてきそう。

そんな「碧いうさぎ」のコラボVDはここ
碧いうさぎ 織田哲郎と酒井法子

 
 
 

そそ、こういうのも見付けちゃいました。

白いクスリ初音ミク

ニコニコ動画で話題になっている「碧いうさぎ」の替え歌。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7880534

「あとどれくらい 連絡断てば 薬物検査 パスできるかしら」
「白いクスリ ずっとやってる 切れちゃうと震え来るから」
「たとえずっと会えなくても シャブがあれば それでいいわ」

歌っているのは、バーチャルアイドルの「初音ミク」です。

 

なーんか、弄んでいない?(^_^;)

| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

そばにいるね・ここにいるよ

青木テルマの歌で、一世を風靡した?この曲。

青木テルマの歌も良いんだけれど、
づづ☆彡的には、絢香vs青木テルマってのも良いかも(^_^)

その「そばにいるね」
青木テルマのオリジナルはこっち。

絢香vs青木テルマのコラボ版は、こちらから試聴。

もうひとつ、貴重なVD、見付けちゃいました。
ゲスト出演?が、凄すぎっ!!!

もう一曲、すんごいコラボのVD、見付けちゃいました。(^_-)

 

一方で、この曲の元歌(返し歌)となった曲、「ここにいるよ

PVはこちらから。

ここにいるよ feat. 青山テルマ

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

レインブック~空の華

新型インフル騒動で、世知がない昨今。
100年に1度と云われる不況の嵐の真っ只中、
のほほーんとした曲が有っても、不思議じゃ無いはず。
   
そんな、のほほーん・癒し系のユニット、有るんですね~(^_^)
2000年に結成されたレインブック
   
CM、コーラス、ナレーション等をこなしてきた山本容子さんと、
ゲームメーカー「コナミ」で、サウンドクリエイターをしていた前澤ヒデノリさん。

edita友のさくらさんが紹介していて、良い曲だなーって(^_^)

   
ちょっと、甘酸っぱい香りのする曲だけど、
聴くほどに和みを覚えるのは、日本古来の情緒を大切にしている曲作りだから?
   
そんな彼らの曲、空の華
このPVでは冒頭、線香花火だけど、
花火大会そのものをBGVにしたPVも有ります。

線香花火版PVはここ…レインブック/空の華

 

てか、PVに登場するブタさん蚊取り線香、
こういうのって、好きかも(^_^)
 

Photo

ジャケット:村上 保

 

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

Miami Sound Machine

マイアミ・サウンド・マシーンって名のグループ、
覚えている人、居るかな?
グロリア・エステファンがヴォーカルとして参加している、
マイアミを本拠地とした、キューバ系のバンド。

saoさんのblog で、グロリア・エステファンを取り上げていたので、ついついcoldsweats01

マイアミを本拠地としたグループと言えば、
KC&サンシャイン・バンドが有名だけど、
この、マイアミ・サウンド・マシーンの方も、聴き覚えは有るはず。
先ずはコレ。

1-2-3

ねっ、遠い昔、FMとかで聴いたこと、有るでしょ?
もう1曲。

Conga

このブラス・セクション、KC&サンシャインやEW&Fを彷彿させるけれど、
これとて、当時のマイアミ・サウンドの特徴。
NYで流行ったサルサとは、ひと味もふた味も違うかも(^_^)

 

Ca9590869s
(街中で見付けたmail-box)

     

Phote by ZuZu with W53CA

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

砂塵の彼方へ・・・

さくらさんのblogで紹介されていた、
「Dream Port 2008」の「砂塵の彼方へ…」

ビデオ(2008年4月29日に行われたライブ
『Revo&梶浦由記 Presents「Dream Port 2008」』
神戸ワールド記念ホール公演からのライブ映像?)
から受ける印象はアキバ系だけど、
その音楽を聴くと、アキバ系を超えた何か。

サウンドクリエイターRevoと、アニメやゲーム音楽を中心に手掛ける作曲家
梶浦由記が「Revo&梶浦由記」名義で発表したもの。
かなり、いけています。

    

試聴はこちらから…
砂塵の彼方へ…

    

そそ、参加アーティストがやたら多いと感じたら、
こんなにいました(^^ゞ
ウィキペディア

    

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧